スポンサーリンク

「アリゲーター」と「クロコダイル」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「アリゲーター」と「クロコダイル」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「アリゲーター」「クロコダイル」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「アリゲーター」とは?

ワニ目アリゲーター科のはちゅう類の総称です。

この仲間はさらに、アリゲーター亜科、カイマン亜科にわけることができます。

これらの仲間に分類される種には、アメリカアリゲーター、ヨウスコウアリゲーター、メガネカイマンなどがあります。

口の形は長いです。

イルカのように先端に向かった形をしていて、先端は丸みを帯びています。

口を閉じたときには、第4歯が見えません。

しかし、例外もあり、歯が見える種もいます。

腹面には鱗板があります。

鱗板とは、その漢字が示す通り鱗のことで、板のようになっています。

「アリゲーター」の腹面にある鱗板には、感覚器官がありません。

アリゲーター科のはちゅう類は、愛玩動物としての飼育が禁止されています。

「アリゲーター」の使い方

ワニ目アリゲーター科のはちゅう類を指して使用する言葉です。

ワニ目にはいくつかの科がありますが、アリゲーター科のものだけを指しています。

アリゲーターガーという生物がいますが、これはガー科の魚類でまったく別のものです。

「クロコダイル」とは?

ワニ目クロコダイル科のはちゅう類の総称です。

クロコダイル科はさらに、クロコダイル属、コビトワニ属、マレーガビアル属などにわけることができます。

これらの仲間には、アメリカワニ、オリノコワニ、イリエワニなどがあります。

口は長い形をしており、口を閉じたときには第4歯が外から見えます。

しかし、例外もあります。

腹面にある鱗板には感覚器官があります。

熱帯の河川や湖沼などに住む種が多く、水辺に近づいてきた動物を襲います。

クロコダイル科のはちゅう類は、愛玩動物としての飼育が禁止されています。

「クロコダイル」の使い方

ワニ目クロコダイル科のはちゅう類を指して使用する言葉です。

ワニ目にはいくつかの科がありますが、クロコダイル科のものだけを指して使用する言葉です。

この名前の事務所が存在しており、その事務所を指して使用されることもあります。

「アリゲーター」と「クロコダイル」の違い

どちらもワニ目に分類されていますが、アリゲーター科とクロコダイル科という違いがあります。

口を閉じたときに第4歯が見える、見えないという違いがありますが、例外もあり、見た目だけでは判断できません。

「アリゲーター」の例文

・『アリゲーターが好き』

・『アリゲーターの研究をしている』

・『アリゲーターに触ってみたい』

「クロコダイル」の例文

・『クロコダイルが怖い』

・『クロコダイルを観察する』

・『クロコダイルの生態を調べる』

まとめ

どちらもはちゅう類を指しています。

違いは何科に分類されるのかということです。

生物は界・門・綱・目・科・属・種と分類されています。

2つの言葉が指すものは、ワニ目という点は同じですが、科に違いがあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典