「アルミ缶」と「スチール缶」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「アルミ缶」と「スチール缶」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「アルミ缶」「スチール缶」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「アルミ缶」とは?

「アルミ缶」の意味と概要について紹介します。

「アルミ缶」の意味

「アルミ缶」とは、「アルミニウム、またはアルミニウム合金を材料としている容器」のこと。

主に飲料に使用されるが、強度が低いので炭酸飲料に使用されることが多い」という意味です。

「アルミ缶」の概要

「アルミ缶」は、材料に「アルミニウムまたはアルミニウム合金」が使われている缶容器のことを言います。

軽くて柔らかいのが特徴で、下記で紹介する「スチール缶」よりも強度は低くなります。

「アルミ缶」は、耐久性が低いことから、ガスを含むビールなどの炭酸飲料の容器として使われています。

液体に含まれたガスが、管の内側から外側に圧力をかけるので、缶の強度を増幅させられるからです。

但し、現在では缶の内圧を調整する技術が進化したことから、アルミ缶は清涼飲料水にも多く使われる様になっています。

「スチール缶」とは?

「スチール缶」の意味と概要について紹介します。

「スチール缶」の意味

「スチール缶」は、「鉄の合金を材料としている容器のこと。

強度が高く、高温や高圧に耐えられる為に、殺菌処理が必要なコーヒー飲料に使用されることが多い」
という意味です。

「スチール缶」の概要

「スチール缶」は、材料に「鉄の合金」が使われている缶容器のこと」を言います。

硬くて丈夫であるのが特徴で、「アルミ缶」よりも強度が高くなります。

その為に、缶に中身を入れた後、高温や高圧で殺菌するコーヒーの容器として向いています。

飲み終わった後に手で簡単につぶせないのは「スチール缶」です。

「アルミ缶」と「スチール缶」の違い!

「アルミ缶」「アルミニウム、またはアルミニウム合金を材料としている容器のこと」です。

「スチール缶」「鉄の合金を材料としている容器のこと」です。

まとめ

今回は「アルミ缶」「スチール缶」の違いをお伝えしました。

「アルミ缶は軽くてやわらかい」「スチール缶は硬くて丈夫」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典