スポンサーリンク

「アンチエイジング」と「エイジングケア」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「アンチエイジング」と「エイジングケア」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「アンチエイジング」「エイジングケア」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「アンチエイジング」とは?

「アンチエイジング」は、老化という肉体の衰えを遅らせようという考えです。

アンチとあるように、エイジングの意味である老化に抵抗するというのが元となっています。

「アンチエイジング」は、現在では老化に対抗する手段として使用されている言葉です。

「エイジングケア」とは?

「エイジングケア」は、人間は老化して行き、老いは仕方がないことであると考えたうえで、それ以上、老化を進行させないよう努めるケアのことです。

なお、「アンチエイジング」と同じ意味ですが、「アンチエイジング」は医療行為として取られるため、化粧品などでは使用できないという決まりから、新しい言葉を必要とし、生まれたのがこの「エイジングケア」で化粧品群で老化の進行を止めようという考えです。

「アンチエイジング」と「エイジングケア」の違い

「アンチエイジング」「エイジングケア」の違いですが医学の治療行為で老化を抑えるか、化粧品で抑えるかという違いです。

医学の場合、「アンチエイジング」という言葉で老化を遅らせることを意味するのですが、これを化粧品で使用した場合、医療行為になるため、薬事法違反となり、これを防ぐには、「エイジングケア」という言葉を使用して、治療ではないとしたのです。

その為、「エイジングケア」とつく物は、主に化粧品で化粧品の力で老化を遅らせます。

「アンチエイジング」の例文

・『アンチエイジングは食事、睡眠、運動の3つを医学的の力で効果的に行うことである』

この例は、老化の防止は、食事や睡眠の他運動を医学の力で効率的に行うことであるとした例です。

「アンチエイジング」は医学的な立場で老化を遅らせることであるため、この例は、医学に関係した例になります。

「エイジングケア」の例文

・『この化粧水はエイジングケア能力が高い商品で浸透力があります。』

この例は、化粧水の浸透力が高く老化を遅らせる有効成分の浸透力が高いことを述べています。

ただし、こうした言葉はあくまで、宣伝用の売り文句だったり主観だったりと様々で実際に有効成分の浸透力が強いかどうかは未知数です。

まとめ

「アンチエイジング」「エイジングケア」の違いは医学的な根拠があり、治療と言える部位に属するか否かです。

「アンチエイジング」は、医学的な根拠で老化を遅らせるという治療行為であるため化粧品群は名乗ることはできません。

ですが、「エイジングケア」であれば、実は治療ではないが故効果があろうとなかろうと老化を遅らせることができるかもしれないと言えるのです。

「アンチエイジング」は、治療行為になる、「エイジングケア」は治療ではないが効果がある老化の遅らせる方法だとすれば、両者の違いは分かりやすく、かつどちらの言葉が製品やサービスで使用されているかも把握しやすいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典