「アームレスリング」と「腕相撲」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「アームレスリング」と「腕相撲」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「アームレスリング」「腕相撲」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「アームレスリング」とは?

「アームレスリング」の意味と概要について紹介します。

「アームレスリング」の意味

「アームレスリング」は、「世界的な規準が設けられている、腕による力比べの競技」のことです。

「アームレスリング」の概要

「アームレスリング」は、2人で向かいあってひじを付き、片腕を組み合わせ、力を競う競技です。

「腕相撲」を英語にすると「アームレスリング」になるので同じ競技と思われがちですが、「アームレスリング」は、日本国内や世界に組織があり、活動や大会などが開かれている競技です。

正式な台やルールが設けてあり、腕のひじを、10センチの台から動かしたらファール、2回のファールで負けという競技です。

ただし、個人レベルでゆるく行われる場合、「腕相撲」と同じ意味として使われることが多くなります。

「腕相撲」とは?

「腕相撲」の意味と概要について紹介します。

「腕相撲」の意味

「腕相撲」「うでずもう」と読みます。

意味は「二人で向かい合い、ひじを付いて手を握り、相手の手の甲が台に着くまで力を入れる競技のこと」です。

「腕相撲」の概要

「腕相撲」は、2人で向かいあってひじを付き、片腕を組み合わせ力を加え、相手の手の甲が台に着くまで力をいれる競技のことを言います。

ひじが置けるスペースがあれば、机やテーブルの上でもできて、その時により独自のルールも存在します。

「腕相撲」の特徴として、ひじが台に着いていれば自由に動かしてい良いという点があります。

「アームレスリング」と「腕相撲」の違い!

「アームレスリング」「世界的な規準が設けられている、腕による力比べの競技」です。

「腕相撲」「独自のルールで行われる、腕による力比べの競技」のことです。

まとめ

今回は「アームレスリング」「腕相撲」の違いをお伝えしました。

「アームレスリングはひじが動いたら負け」「腕相撲は動いてもよい」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典