スポンサーリンク

「アーメン」と「ハレルヤ」の違いは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「アーメン」と「ハレルヤ」の違いは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「アーメン」「ハレルヤ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「アーメン」とは?

「アーメン」を日本語で言うと「その通り」「まことに」「確かに」「そうありますように」といった意味となります。

外国語の場合、日本語に訳し用いられることが多くなりますが「アーメン」の場合は、「その通り」「まことに」などと訳されることなく、「アーメン」のまま用いられます。

一般の人が良く耳にする場所として、キリスト教式が多いと思われます。

キリスト教式では、挙式中に何度も牧師が「アーメン」と口にします。

また、新郎新婦の誓いの言葉の際にも「アーメン」

讃美歌でも「アーメン」と何度も口にする「アーメン」には、以上のような「その通り」「そうありますように」といった意味が込められ用いられているということになります。

「アーメン」はキリスト教で耳にする言葉となるため、キリスト教由来の言葉と思われがちですが、実はキリスト教ではなくユダヤ教の言葉となります。

ちなみに、イスラム教では、「アーメン」ではなく「アーミン」となります。

「ハレルヤ」とは?

「ハレルヤ」は英語で「hallelujah」

意味は、「神をほめたたえよ」「主を褒め称えよ」です。

もとは英語ではなくヘブライ語で、「ハレル」「ヤ」が組み合わさった言葉となります。

「ヤ」は、神となる「ヤハウェ」を短縮した言葉で、旧約聖書の中にいた神様を褒め称えよという意味は「ハレルヤ」となるのです。

「ハレルヤ」が用いられる場面としては、神への感謝や素晴らしさを表現する時となり、祈りの時だけではなく、歌詞の中にも何度も「ハレルヤ」が用いられています。

実際、ドイツの作曲家が作詞した「メサイア」でも、「ハレルヤコーラス」と言われるほど、何度も「ハレルヤ」を繰り返す歌詞があります。

日本人にも非常になじみのある有名な曲となるため、一度は耳にしたことがあると思われます。

「アーメン」と「ハレルヤ」の違い

同じキリスト教で耳にすることが多い「アーメン」「ハレルヤ」には以上のような違いがあります。

「アーメン」には、「その通り」「まことに」「確かに」「そうありますように」といった意味があり、直接、神を称えるような言葉ではありません。

讃美歌で歌われる「アーメン」も、「その通り」「そうありますように」といった気持ちで歌うものとなります。

一方、「ハレルヤ」の場合は、神を称える言葉となります。

「神をほめたたえよ」「主を褒め称えよ」といった意味で用いられるため、「ハレルヤ」を繰り返し歌うということは、何度も、「神をほめたたえよ」「主を褒め称えよ」と言っているものとなります。

まとめ

キリスト教式などに参列するとよく耳にする「アーメン」「ハレルヤ」ですが、その意味は全く異なったものとなります。

以上のような意味の違いがあり、意味を理解し讃美歌などを歌うことで、より歌詞を理解し歌うことができると思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典