スポンサーリンク

「イキる」と「オラつく」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「イキる」と「オラつく」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「イキる」「オラつく」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「イキる」とは?

「イキる」には以下の2つの意味と使い方があります。

1つ目は「興奮して怒る様子」という意味で、「彼は酒を飲むとすぐにイキる」などと言います。

2つ目は「見栄を張って偉そうな態度を取る」という意味で、「すぐにメンチ切ってイキる奴」などと言います。

「イキる」の語源には諸説ありますが、「いきり立つ」「息巻く」「粋がる」などがあり、意味もほぼ同じです。

他人に対して威圧的な態度を取る時に使われるので、良い意味ではありません。

「オラつく」とは?

「オラつく」は、「人に対して乱暴であったり、強引な態度を取ること」という意味です。

偉そうに振る舞うだけではなく、乱暴な態度を取ることを表します。

「オラつく」の語源は「オラオラ」という感動詞で、言葉の前に付けることで人を威嚇する意味があります。

言葉や態度だけではなく、服装や持ち物、イメージに対しても使われる言葉です。

こちらも人に対して威圧的な態度を取る時に使われる言葉で、良い意味ではありません。

「イキる」と「オラつく」の違い!

「イキる」「興奮して怒る様子」「虚勢や見栄を張ること」です。

「オラつく」「強気で横暴な態度を取ること」です。

まとめ

今回は「イキる」「オラつく」の違いをお伝えしました。

「イキるは見栄を張る」「オラつくは横暴な態度を取る」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典