「イノベーション」と「改革」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「イノベーション」と「改革」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「イノベーション」「改革」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「イノベーション」とは?

「イノベーション」とは、「新技術・新しい発想を応用して今までにない新しい製品・サービスを生み出すこと」「生産技術が飛躍的に進歩する技術革新」のことを意味しています。

「イノベーション」「技術革新・新機軸」と訳されることが多いですが、元々は経済学者J. A. シュンペーターが「経済発展論」の中で提唱した「経済社会の生産性・利便性・成長率を高める大きな変化の概念およびその諸要素(新商品・新技術・新市場・複数の要素の組み合わせ・組織改革など)」を意味しているのです。

「改革」とは?

「改革(かいかく)」とは、「今までの古い制度・ルール・組織・方法・考え方などを、新しいものに変えてより良いものにすること」を意味している言葉です。

「改革」という表現は、「社会変動や社会的問題に対応(適応)できるように、社会的・経済的・政治的な制度・組織・価値観・ルールなどを部分的に改善すること」を意味しています。

社会的・政治経済的に全体的な仕組みやルール、基本理念(思想・主義)を変えることは、「改革」ではなく「革命」になります。

「イノベーション」と「改革」の違い!

「イノベーション」「改革」の違いを、分かりやすく解説します。

「イノベーション」「改革」「古いものを新しいものへと変えること」を意味している部分では類似した言葉ですが、「イノベーション」「経済成長・経済発展・企業利益と関係した文脈で使われることが多い概念・言葉」であり、「改革」「経済活動に限定されない意味で、イノベーションよりも使用される範囲が広い一般的な言葉」であるという違いがあります。

「イノベーション」とは、J. A. シュンペーターが提唱した「技術革新・新商品をはじめとして、経済活動を成長・発展させる大きな変化や変革」を意味していますが、「改革」のほうは「今までの古い制度・組織・方法・意識などをより良いものに変えること」を意味している違いを指摘できます。

まとめ

「イノベーション」「改革」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「イノベーション」とは「新技術・新発想を活用して今までにない新しい製品・サービスを生み出すこと、技術革新」「J. A. シュンペーターが経済発展論で提唱した経済的な生産性・成長率を高める変化の概念」を意味していて、「改革」「今までの制度ややり方を新しいものに変えてより良くすること」を意味している違いがあります。

「イノベーション」「改革」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典