スポンサーリンク

「インバウンド」と「観光客」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「インバウンド」と「観光客」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「インバウンド」「観光客」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「インバウンド」とは?

直訳すると、中に入ってくるという意味を持つ「インバウンド」

旅行業界、観光業界では、この意味を利用し、日本国内に入ってくる観光を「インバウンド」と言っています。

訪日外国人観光に対する意味として「インバウンド」がよく利用されています。

「観光客」とは?

「観光客」とは、その場に観光に訪れるお客様のことを指します。

特に国内、国外など関係なく、その場に訪れる人とすべて「観光客」と言っています。

「インバウンド」と「観光客」の違い

同じ観光目的の人でも、国外から日本国内に観光に訪れることを「インバウンド」

日本国内の移動や国外からの観光に関係なく、その場での観光を楽しむ人を「観光客」と指します。

基本的には、どちらも、その場で観光や買い物、食べ歩きなどを楽しむ人、楽しむことを指す言葉ですが、それが、国外なのか国内なのかによって、「インバウンド」「観光客」といった2つの言葉が使い分けられています。

最近の日本では、インバウンド市場が非常に盛んです。

国外から日本に訪れ観光する「観光客」によって、日本の観光業界が潤っているといっても過言ではありません。

まとめ

以上が「インバウンド」「観光客」の違いです。

外国からの「観光客」の人も、もちろん、「観光客」と呼んでも何も問題はありません。

国外からの「観光客」が増えつつある日本。

その結果、国外からの「観光客」、観光事業がわかりやすいように「インバウンド」という言葉がよく利用されている傾向にあります。

訪日外国人観光客は「インバウンド」

日本人観光客は、そのまま「観光客」と指していると考えれば、そう難しいことはありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典