スポンサーリンク

「インパクトロフト」とは?意味や特徴や概要、言葉の使い方など分かりやすく解釈(ゴルフ用語)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「インパクトロフト」とは?スポーツ用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「インパクトロフト」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「インパクトロフト」とは?意味

「インパクトロフト」は、ゴルフボールを打つ、クラブがボールを打つ際、ボールを打ち上げる角度を意味する言葉です。

この角度はクラブごとに異なり、ボールを高く打ち上げるか、低く打ち上げるかを決める角度がロフトでボールが打ち当たると「インパクトロフト」という言葉に変化し、ボールを打ち上げる角度のことを意味します。

よって、「インパクトロフト」は、ボールを打ち上げる際、どちらに傾くかを示す言葉でインパクトが立っている寝ていると呼ぶことで、ゴルフクラブの角度がどうであるかを示すのです。

「インパクトロフト」の概要

「インパクトロフト」は、早い話が、クラブの角度が寝ている状態にあるか、立っている状態にあるかで、寝ていればボールを上に打ち上げる角度にあるクラブであれば、ものすごく遠くまで飛んでいく、逆に立状態であれば、転がるだけということを示す用語です。

よって、この言葉は、ボールを打つ側のポジションがどうであるかを示します。

例えば、転ばしやすいポジションの打ち方であるか、ボールを高く打ち上げることに特化しているポジションであるかを理解すれば、あえてボールを高く打ち上げる方向に打ち方を変えようやその逆を考えることを可能とします。

逆に、どちらにも当てはまらない人物というのは、言い方が悪いのですが、ゴルフクラブの性能に頼り飛距離なり、ボールのコントロール能力を維持するしかできないとも言えます。

「インパクトロフト」の言葉の使い方や使われ方

「インパクトロフト」は、ボールの打ち込み方がどうであるかを示す言葉で、「インパクトロフト」が寝ているや、立っているという言葉で、自分の打ち方がどうであるかを示すために使用するか、周りが対象の打ち方がどうであるかを言う場合に使用する言葉です。

「インパクトロフト」の関連語

「インパクトロフト」に関係するのは、「ロフト角」でこれは、ゴルフクラブの打ち込む際のヘッドの角度のことを指し、この角度でボールを高く打ち上げるか、転がすかが決まるのです。

まとめ

「インパクトロフト」は、ゴルフにおける自分のゴルフボールを打ち込む際の角度のことを意味し、この角度が寝ているか立っているかによってボールの飛距離だったり打球の高さが変化します。

よって、「インパクトロフト」の在り方は、ロフト角の角度を示す際に使用される言葉です。

初心者の方は、このゴルフクラブのヘッドの角度が固定されないが故、ボールが転がったり変に高く撃ちあがるという現象が起きてしまい、これについては第3者が指摘をするか、自分で角度を固定する練習をするしか修正はできません。

逆に修正をせずに打ち続けると、ボールはコントロールを失うだけで全くと言ってよいほど利点が生まれません。

よって、「インパクトロフト」は人によって異なるが故、固定化して打球を安定させる必要性があるのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポーツ用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典