「インフレ」と「バブル」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「インフレ」と「バブル」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「インフレ」「バブル」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「インフレ」とは?

「インフレ」とは、「インフレーション」の略語となります。

「インフレ」は特定の経済部門の価格上昇だけではなく、一般的な物価の水準が継続的に上がります。

そして、それによりお金の価値が下落するという状態を言います。

「インフレ」になったと、日常生活で感じるのは、買い物する際に物の値段が高い、値上がりし続けているといったことからになります。

また「インフレ」の逆は「デフレ」と言います。

この状態の場合は、物価の水準が下がりますので買い物の際「安い」と感じることとなります。

一見「お買い得」のように思えますが「デフレ」が続くことで生活水準の低下、失業の増加が起こり景気後退、不況になるとされています。

「バブル」とは?

「バブル」とは、泡、あぶくといった意味の言葉ですが、泡のようにはかない投機現象のことを言います。

株、土地といった資産の価格が適正価格を大幅に上回る状況です。

日本においては、80年代に土地、株が高騰し「バブル」「バブル経済」と呼ばれています。

ですがこの好景気は長くは続かず90年以降に、地価、株価が急落しました。

そのことを「バブル崩壊」と言います。

「インフレ」と「バブル」の違い!

「インフレ」「バブル」の違いを、分かりやすく解説します。

この二つの言葉は意味が違いますので、混同しないようにしてください。

「インフレ」とは、一般的な物価水準が継続的に上昇し、貨幣の価値が下落することを言います。

つまり以前は1万円で買えたものが、現在では2万円出さないと買えないといった状態が「インフレ」です。

一方の「バブル」とは泡のようにはかない投機現象のことです。

株や土地などの価値が適正価格より大幅に上回る状況ですので、このような時期に資産を売却した人は儲けがあったことでしょう。

一方でこの時期の終わり頃に土地、株などを購入した人は、その後の「バブル崩壊」で資産価値が下がり大損となったケースもあります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「インフレ」「バブル」二つの言葉の意味と違いを説明しました。

それぞれの言葉の意味を正しく理解して使い分けてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典