スポンサーリンク

「イーターテイメント」とは?意味や言葉の使い方、概要(元ネタ)など

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「イーターテイメント」とは?新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「イーターテイメント」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「イーターテイメント」とは?意味

「イーターテイメント」とは、食べるということを一種の遊びの要素であると考え、食べるということにエンターテイメント性を持たせた考え方のことです。

この考え方は、主に飲食店における考え方で食べることと娯楽を合わせたものを意味します。

例を挙げれば、ヒーローショーなどがまさにレストランなどで食事を楽しんでいるところに、怪人が現れ、ヒーローが怪人を退治するという具合に食べることと、ショーを楽しむことの両立をしている物を「イーターテイメント」と呼びます。

「イーターテイメント」の概要

「イーターテイメント」は、2021年ごろにになって言われ始めた言葉ですが、実のところ、昔からある考え方で、小さな飲食店が単に採用できなかった考え方の一つでした。

例えば、ヒーローショーにビンゴゲーム等は小さな飲食店では割に合わないサービスであり勝つお店が小さいが故、そのようなショーのような物は提供できなかったのです。

しかし、バーなどであれば、実は広さなんかは全く必要なく、ただ一人の人間が歌う空間があれば飲食をするという目的の他に歌を聴くという別の目的を持たせることができます。

この別の目的を飲食店にいかに持たせるかが、2021年度から言われている「イーターテイメント」になり、大きな店舗以外でもエンターテイメントを提供することを目的とした考え方です。

「イーターテイメント」の言葉の使い方や使われ方

「イーターテイメント」は、食事とエンターテイメントの両立をする言葉として使用され飲食店が使用する言葉です。

「イーターテイメント」を使った例文

・『イーターテイメントは外食産業の新しい形である』
この例は、外食産業がイーターテイメントという考え方について新しい一つの在り方だとしている例になります。

「イーターテイメント」は食事にエンターテイメント性を持たせることで、小さなお店でそれを可能とするべく試行錯誤を練ることを意味します。

まとめ

「イーターテイメント」という考えが再度考え出されたのは、外食産業がまさに増加傾向にあり、顧客の奪い合いにおいては、値下げという方法が通用しなくなりつつあることが原因であると思われます。

その為、単に食事を提供するだけでは生き残ることができないと判断したお店は、「イーターテイメント」という食事と遊びの両立を図ることで集客を行い成功を収めようとしているのです。

ただ、こうした取り組み自体は珍しいことではなく昔から存在しており、なぜ今になってその取り組みをしなければならないかの方が重要であると言えます。

恐らくですが、外食産業は、すでに飽和状態にあり、新しいことにチャレンジしなければ生き残ることが難しいと考えた経営者は遊ぶという要素を取り入れることでお店への集客を挙げようという考えであると思われますが、遊びと食事の両立において問題となるのは衛生面で衛生面がクリアにならない限り、難しい問題も取り纏うのが「イーターテイメント」という考え方です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典