スポンサーリンク

「ウェイ系」とは意味や概要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ウェイ系」とは新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ウェイ系」を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ウェイ系」の意味

「ウェイ系」とは明るくノリが良い人たち

「ウェイ系」の解説

「ウェイ系」とは、明るく陽気な若者が「ウェーイ」と盛り上がっている様子から、そのような人たちを表す言葉となりました。

人懐っこく誰とでも仲良くする性格であれば日頃から「ウェーイ」と言っていなくても「ウェイ系」と分類することができます。

コミュニケーション能力が高い人という良い意味合いで解釈することもできますが、能天気に騒いでいる人という悪い意味に使う場合もありますので、雰囲気、文脈などからどういった意味合いで使われているのか察するようにしましょう。

「ウェイ系」の使われ方

「ウェイ系」とは、見た目の雰囲気、言動から判断されます。

会話や文章で使う例をいくつか紹介しますので、参考にしてみてください。

「昨日、あの子の彼氏を見たんだけど、ウェイ系って感じでちょっと軽そうだった」

「あのサークルはウェイ系ばっかりで目立っている」

「ウェイ系と遊ぶのは楽しいって友達は言うけど、私は気後れするし苦手」

「教室でウェイ系が盛り上がってたけど、何かあった?」

「ウェイ系なら接客のバイトなんて楽勝でしょ」

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典