スポンサーリンク

「ウェビナー」とは?意味や言葉の使い方、概要(元ネタ)など

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ウェビナー」とは?新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ウェビナー」の意味や使い方、例文を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ウェビナー」とは?意味

「ウェビナー」とはWebとセミナーを掛け合わせた言葉であり、オンラインセミナーを指します。

webinarと書き、インターネット上では他人の動画を見て、楽しむという意味があります。

一部屋に人々が集まってセミナーするのではなく、生徒の前で講師が勝手に話している動画を撮り、それをインターネット上で流して視聴するのが目的です。

元々はWeb(ウェブ)とseminar(セミナー)を一つにしたものを「ウェビナー」と言い、今喋っている様子をカメラで撮影し、そのままリアルタイムに多くの人へ流します。

「ウェビナー」の概要

オンラインでのセミナーの「ウェビナー」では、講師が話していることをリアルタイムにインターネット利用して映像を流すか、話している様子を事前に撮っておき、録画したものを流す2つの方法があります。

リアルタイムにテレビ電話やWebカメラで話している姿を映して流すのが一般的です。

録画しておいた動画を視聴者に流してみせる方法もあるなど、さまざまな形態で映像を流し、伝えたいことをリアルにカラー映像で伝えられるのが魅力的なセミナーです。

「ウェビナー」の言葉の使い方や使われ方

主に、企業や塾、大学で使われている「ウェビナー」は詳しい情報が知りたいと興味を持つ人を対象に「伝える」ことに焦点を当てて使われているのがオンラインセミナーです。

スマホやパソコンをインターネットに繋げた状態で使うものであり、日本全国に住む人へ情報を流す、講師が話して伝えるを目的とした教室を開くことを「ウェビナー」と言います。

マーケティングセミナーで配信して、商品やサービスの良さを知ってもらうためにPRしたいときや、大学の授業を「ウェビナー」を通して生徒に話すときも使われている動画の配信方法です。

「ウェビナー」を使った例文(使用例)

・『企業の商品をPRするにはウェビナー入門から始めるといい』
・『一般公開していない経営者の言葉をライブウェビナーで視聴できる』
・『ユーザーの興味を惹きつけるウェビナーを考えることが必要だ』
企業の方針や理念をまとめて分かりやすく相手に伝えられるよう考えることが大事ですが、もしも伝え方がわからないときは「ウェビナー」入門で伝え方や撮り方を学んでみるといいでしょう。

「ウェビナー」であればブログやHPで伝えられない経営者の言葉をリアルに話しながら伝えられます。

伝えるときはユーザーがいかに興味を持つかを考えて惹きつけては離さないものを選びましょう。

まとめ

オンラインをうまく利用して、日本全国に住む人へリアルタイムで情報伝えられる「ウェビナー」はカメラとインターネット環境、ちょっとしたスペースがあればお金かけず、すぐに撮影した動画を流せる配信サービスです。

企業の商品やサービスをPRする際に使える方法として選ばれている方法です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典