スポンサーリンク

「エッセンシャルワーカー」と「リモートワーカー」の違いは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「エッセンシャルワーカー」と「リモートワーカー」の違いは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「エッセンシャルワーカー」「リモートワーカー」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「エッセンシャルワーカー」とは?

「エッセンシャルワーカー」とは、「社会で人が日常生活を送る為に欠かせない仕事をしている人のこと」という意味です。

「エッセンシャル」とは英語で「essential」と書き、「絶対必要な」「欠くことのできない」という意味、「ワーカー」は英語で「worker」と書き、「働き手」「労働者」という意味、「エッセンシャルワーカー」「必要不可欠な働き手」になります。

新型コロナウイルス感染症の影響で、外出自粛やテレワークが推奨される様になった際に、緊急事態下においても簡単に止めたり変えたりできない、重要な職種に従事する人に対して使われたことから知られる様になりました。

「エッセンシャルワーカー」の使い方

「エッセンシャルワーカー」「社会で人が日常生活を送る為に欠かせない仕事をしている人のこと」という意味で使われます。

具体的には「医療・福祉関係」「公共交通機関」「小売・販売業」の人たちに対して使われ、尊敬と感謝の意味を込めて使われる言葉です。

「リモートワーカー」とは?

「リモートワーカー」とは、「オフィスに出社することなく、自宅や外出先など遠隔の場所で仕事する人のこと」という意味です。

「リモート」は英語で「remote」と書き、「遠隔の」「離れた」という意味、「リモートワーク」「遠隔地の働き手」になります。

新型コロナウイルス感染症の影響により外出自粛やテレワークが推奨され、通勤による人流を減少させる為に、自宅や外出先などで業務して、オフィスに出勤する機会を減らすことを目的とした制度です。

「リモートワーカー」の使い方

「リモートワーカー」「オフィスに出社することなく、自宅や外出先など遠隔の場所で仕事する人のこと」という意味で使われます。

具体的には、組織に所属している人で、事務職やIT関係、デザイナーなど、直接相手と対面せずに仕事ができる職種の人たちです。

「エッセンシャルワーカー」と「リモートワーカー」の違い

「エッセンシャルワーカー」「人が日常生活を送る為に欠かせない仕事をしている人」という意味です。

「リモートワーカー」「オフィスに出社することなく、自宅や外出先など遠隔の場所で仕事する人」という意味です。

「エッセンシャルワーカー」の例文

・『エッセンシャルワーカーのお陰で私たちが生活できる』
・『医師や看護師はエッセンシャルワーカーだ』
・『配送業もエッセンシャルワーカーに入る』
・『エッセンシャルワーカーと言うけれども仕事に貴賤はないはずだ』

「リモートワーカー」の例文

・『コロナ禍でリモートワーカーが増えた』
・『我が家は夫婦そろってリモートワーカーだ』
・『リモートワーカーは運動不足になりがちだ』
・『父がリモートワーカーになって毎日家にいる』

まとめ

今回は「エッセンシャルワーカー」「リモートワーカー」について紹介しました。

「エッセンシャルワーカー」「社会的に必須の働き手」「リモートワーカー」「オフィス以外で仕事する働き手」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典