スポンサーリンク

「エンジンオイル」と「エレメント」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「エンジンオイル」と「エレメント」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「エンジンオイル」「エレメント」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「エンジンオイル」とは?

「エンジンオイル」とは、「エンジン(内燃機関)を故障なく正常に動かし続けるために定期的な交換が必要なオイル」のことです。

「エンジンオイル」というのは、「エンジン(内燃機関)の内部を循環しながら、エンジンの各部品がなめらかに動作するための潤滑油としての役割を果たしているオイル」なのです。

「エンジンオイル」には主に、「潤滑(なめらかに動かす)・防錆(錆びないようにする)・冷却(エンジンを冷やす)・清浄(エンジン内の不純物を綺麗にする)・密封(ピストンとシリンダーの密閉率を上げて効率的に動かす)」の5つの機能があります。

「エレメント」とは?

「エレメント」とは、「エンジンオイルの中に蓄積した不純物を取り除くためのフィルター」を意味している自動車用語です。

「エレメント(オイルエレメント)」は、「エンジン内部を循環してスレッジ(汚れ)・金属片を含んだエンジンオイルを、綺麗に濾過して清浄化してくれるフィルターのような部品」のことなのです。

「エレメント」によって「エンジンオイル交換までの期間」を延ばすことができ、「エンジンオイルの汚れ」をある程度まで取り除くことができるのです。

この「エレメント」もエンジンオイルと同様に交換が必要です。

おおむね、「エンジンオイル」を2~3回交換するごとに「エレメント」も交換することになります。

「エンジンオイル」と「エレメント」の違い

「エンジンオイル」「エレメント」の違いを、分かりやすく解説します。

「エンジンオイル」とは、「車・バイクのエンジンを正常に動作させ続けるために必要なオイル」のことです。

「エレメント」というのは、「そのエンジンオイルに汚れが蓄積してきた時に、その汚れを取り除いてくれるフィルター的な内部の部品」を意味している違いがあります。

「エンジンオイル」に溜まったエンジンから出たスラッジや金属片を綺麗に濾過してくれる部品が、「エレメント」なのです。

「エンジンオイル」の例文

・『エンジンオイルは定期的に交換しますが、どれくらいの距離を走ったら交換すべきなのかは車種・走らせ方・汚れ具合によって変わってきます。』

・『エンジンオイルも車種によって最適なオイルが異なりますが、GTRやフェラーリのような特殊なスポーツカーのエンジンオイルは専用オイルで高額になります。』

「エレメント」の例文

・『エレメントを交換しないまま放置する人もいますが、燃費が段々落ちてきてエンジントラブルの原因にもなるので交換すべきです。』

・『エレメントはGSやカー用品店であれば、数百円~二千円前後の安い価格で交換することができます。』

まとめ

この記事では、「エンジンオイル」「エレメント」の違いを詳しく説明しましたがいかがでしたか?

「エンジンオイル」とは「エンジンを焼き付かせず、滑らか・正常に動かし続けるために必要なオイル」であり、「エレメント」とは「エンジンオイルのスラッジを除去してくれるフィルターのような部品」である違いがあります。

「エンジンオイル」「エレメント」の違いについて詳細に調べたい人は、この記事の内容を参考にしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典