スポンサーリンク

「オススメ」と「一押し」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「オススメ」と「一押し」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「オススメ」されたり、「一押し」と表記されていたりすると、そのものを購入したくなったり、やってみたくなったりしませんか。

この記事では、「オススメ」「一押し」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「オススメ」とは?

「オススメ」は、「すすめ」の尊敬語または謙譲語です。

「すすめ」とは「勧める」のことで、「勧める」には何かを積極的に実行するように励ますことや、何かを提供して、利用したり飲食したりしてもらおうとすることです。

たとえば、「これ食べてみなよ」と積極的な行動を促すことは、「勧める」行為になります。

尊敬語は相手を敬ういい方、謙譲語は自分を下げたいい方です。

自分を下げることで、結果定に相手を敬うことになります。

「一押し」とは?

「一押し」は、一番のおすすめのことです。

人に強く勧めたい気持ちが含まれています。

「一番」は最も優れていることで、「最も」は他のどれよりも優れていることなので、「一番」がいくつもあることはありません。

そのため、「一押し」がいくつもあるということは、通常はないことです。

たとえば、さまざまな種類の「寿司ネタ」というグループがあり、その中でもっともおすすめしたいものが「一押し」となります。

「オススメ」と「一押し」の違い

「オススメ」は、何かを積極艇に実行するように励ますこと、何かを提供してそれを使用したり飲食したりしてもらおうとすることです。

「一押し」は、一番のおすすめのことです。

一番やって欲しいこと、使用して欲しいことを表します。

たとえば、「寿司ネタ」というグループがあり、マグロもイカも「オススメ」ということはありますが、「一押し」は一番のことなので、「寿司ネタ」というグループの中では「一押し」は1つだけになります。

まとめ

どちらも積極的に励ますという意味がありますが、「一番」なのか、そうでないのかという点が異なります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典