スポンサーリンク

「オフセット印刷」と「オンデマンド印刷」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「オフセット印刷」と「オンデマンド印刷」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「オフセット印刷」「オンデマンド印刷」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「オフセット印刷」とは?

「版」を使用して転写をして印刷をする方式で、シャープに文字が印刷でき、デザインの再現性やグラデーションの表現能力はオンデマンド印刷と比較してオフセット印刷の方が高くなっています。

平版印刷とも呼ばれていて、版はアルミ板でできており、印刷する部分はインクが載る仕組みになっており版をローラーに巻きつけることで印刷作業が行われます。

輪転機による印刷方式の一つがこのオフセット印刷です。

カラーによる印刷方式となっており、C シアン 、M マゼンタ、Y イエロー、K ブラックのCMYKと呼ばれる色の表現方式です。

版を使う印刷方式では白黒印刷の凸版印刷、グラビアに使われる凹版印刷などもあります。

「オンデマンド印刷」とは?

注文印刷のことを指す言葉で、版を使った複写による印刷形式が由来のオフセット印刷とは名前の由来が異なっています。

製造に手間がかかる版を使わないケースが一般的で比較的低価格で行えることと、多くのサービスで1枚からなど少単位での印刷ができることが特徴です。

業務用のレーザープリンターやインクジェットプリンターを使用して印刷します。

レーザープリンターは乾く時間がいらないスピーディーな印刷ができることがメリットですが、にじみが発生するという欠点もあるため大量の印刷には向いていません。

インクジェットプリンターは家庭用のものよりより大型でUV硬化インクを使用したものや顔料を使用したものなど高性能のものを使っていて色の再現度が高いことが優れている点ですが乾燥時間が必要なので印刷にはやや時間がかかります。

「オフセット印刷」と「オンデマンド印刷」の違い

「オフセット印刷」「オンデマンド印刷」の違いを、分かりやすく解説します。

「オフセット印刷」は版を使ったカラーの印刷方式でグラデーションの再現度や文字のシャープで鮮明な点が優れていますが、印刷に時間がかかり、一枚あたりの印刷料金が高く、基本的には100枚以上の印刷からとなっている印刷所が多くなっています。

版からゴムに転写し、そこから紙に転写する方式となっており、この工程をオフセットと呼んでいます。

インキを使うため紙の臭いの問題も最近ではあります。

オンデマンド印刷は注文印刷という意味合いの言葉で、1枚から印刷できる、短期間で印刷できることなど利便性の高さが大きなメリットとなっており、1枚あたりの価格も低価格に抑えられています。

業務用の大型高性能なインクジェットプリンターやレーザープリンターなどで印刷されており、印刷クオリティもオフセット印刷ほどではないもののハイレベルになっています。

まとめ

「オフセット印刷」は版を使った高品質で大量印刷向けの印刷方式ですが、納期に時間がかかり「オンデマンド印刷」は低価格で1枚から印刷できる方式で、比較的納期も短くなっているなど利便性を重視している点がオフセット印刷との違いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典