スポンサーリンク

「オフ会」と「出会い厨」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「オフ会」と「出会い厨」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「オフ会」「出会い厨」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「オフ会」とは?

「オフ会」の意味と使い方について紹介します。

「オフ会」の意味

「オフ会」は、「インターネット上のコミュニティを通じて知り合ったユーザー同士が、直接会って親睦を深める為の会合のこと」です。

「オフ会」の使い方

「オフ会」は、オンライン上で知り合った人達が意気投合して、リアルで会って親睦を深める会のことを言います。

SNSや掲示板などで知り合い話が盛り上がり「今度集まろう」ということになり、リアルで顔を合わせてより親しくなる為の会合です。

共通の趣味を持ち、日頃からコミュニケーションが取れている人達ですので、初めて会ってもまるで昔から友達だった様に親しく話せるというメリットがあります。

会話が盛り上がると、異性同士で恋愛に発展し易くなります。

「出会い厨」とは?

「出会い厨」の意味と使い方について紹介します。

「出会い厨」の意味

「出会い厨」「であいちゅう」と読みます。

意味は「オフ会に出会い目的で参加する人」「SNSを出会い目的で使う人」です。

「出会い厨」の使い方

「出会い厨」は、元の意味は「オフ会に、最初から出会い目的で参加する人のこと」です。

趣味の集りである「オフ会」に、出会い目的で参加するのですから、異性に対してしつこくなり、人間関係が悪化する原因になります。

ここから転じて「SNSを出会い目的のみで使う人」という意味になり、「#彼女募集」などのハッシュタグでツイッターをする人に使われる様になりました。

「オフ会」と「出会い厨」の違い!

「オフ会」「オンライン上で知り合った同士が、直接会って親睦を深める為の会合のこと」です。

「出会い厨」「オフ会に出会い目的で参加する人」「SNSを出会い目的で使う人」です。

まとめ

今回は「オフ会」「出会い厨」の違いをお伝えしました。

「オフ会は親睦目的」「出会い厨は出会い目的」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典