スポンサーリンク

「オリエン」とは?意味や使い方、例文や意味を解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「オリエン」とは?新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、オリエンの意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

オリエンとは?意味

オリエンとは、オリエンテーションを省略した略語です。

方向づけとの意味合いがあるオリエンテーションは、人が多く集まる会社や学校などでよく行われているもので、新入生や新入社員を一箇所に集めて教育指導します。

新しい環境に順応させるためには、知識がある者が、まだ知識がない者に対して学ばせるのがオリエンテーションの目的です。

オリエンの概要

ビジネスシーンにおいてのオリエンは、会社で先に働いている社員が新入社員や中途採用で入社した社員に対して、リーダーや役職者が会社の方向性、重要事項、仕事内容について分かりやすく説明します。

会社の概要、これから行う業務指示についてホワイトボードに書いて教えたり、作成した書類を読みながら説明していくことで新入社員も頭の中に情報が入りやすくなります。

宣伝部門でのオリエンでは、マーケティングはどのような課題をどう解決すればよりトラブルを最小限に抑えられるのか説明していくわけです。

建築業界では、敷地を最大限に有効活用した建物の配置方法について取り上げ、方位を考えて建物を建てるためにオリエンします。

オリエンの言葉の使い方や使われ方

オリエンの言葉の使い方は、「オリエンに参加しましょう」「オリエンは会社にとって大切なことです」と使います。

新入社員にもオリエンがいかに重要なことか知ってもらうために、参加した社員には明確でわかりやすい説明を心がけることが大切です。

オリエンでは、最終的なアウトプットを掲示します。

どのくらいのスケジュールがかかるか把握し、どの程度の予算がかかるかも決めていきます。

決して「場当たり的なオリエンはしない」ようにして、制作の手戻りが発生しないようにしましょう。

オリエンを使った例(使用例)

オリエンを使った例について3つ取り上げて、それぞれ詳しくご紹介します。

・オリエンをする時はプロセスの自由度を決めることが大切だ。

オリエンをする時は、最後まで決めたことをやり遂げるため最初に自由度のあるプロセスを決めておくことが大切です。

新にキャンペーンを行うのか、それとも従来のチャンネルのまま展開していけばいいのか。

そして、どの程度の裁量が制作側にあるか明示しましょう。

・オリエンの成果によって制作側の仕事の質にも影響がでます。

制作側にしっかりとこのようにしてほしいと依頼内容を伝えなければ、制作するときにどのようなものを作ればいいか分からず、理想とは違うものが出来上がってしまうことがあります。

そのため、制作側にいい影響を与えるには、オリエンの質を高くすることが大事なのです。

・基本的な内容をまとめて、オリエンで分かりやすく伝えましょう。

オリエンで伝えるべき基本的な内容をまとめて、伝えることが必要です。

伝えるべき内容は、企画名、ターゲット層、期間、予算、数値目標など伝えるべき内容が多ければ多いほど理想的なものができます。

制作側に伝えるべき情報をまとめておき、求められたときは素早く伝えるようにしましょう。

まとめ

質の高いオリエンができる企業は社員の仕事の質も良くなるので、業績も伸びる傾向が見られます。

知識のない新入社員や中途採用の社員へいかにわかりやすく、質のいいオリエンができるかがその後の仕事の質にも関わることを頭におき、リーダーや役職者はプレゼンすることが大切です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典