スポンサーリンク

「オンラインガールズバー」と「オンラインキャバクラ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「オンラインガールズバー」と「オンラインキャバクラ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「オンラインガールズバー」「オンラインキャバクラ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「オンラインガールズバー」とは?

「オンラインガールズバー」は、オンライン上で女性陣の方と楽しくお酒を飲みながらおしゃべりを楽しむアクティビティで、女性陣の年齢層が若い点があげられます。

つまり、20代から30代の女性の方が男性陣の方に対して接客業をオンライン上で行うため、実質的にはキャバレーという産業のオンライン版となるのです。

「オンラインガールズバー」の使い方

「オンラインガールズバー」の使い方は、男性陣の場合は専用のアプリを入手し、会員となることで女の子たちと遠隔地でおしゃべりを楽しむために使用し、女性陣側は収入を得る手段の一つの方法として、「オンラインガールズバー」のメンバーとなることで収入を得ます。

「オンラインキャバクラ」とは?

「オンラインキャバクラ」は、インターネット上に存在するキャバレーで女性スタッフの方の年齢層が20代から幅広い年齢層の方が従業員となっている点が特徴です。

つまり、実店舗舗型のキャバレーと同じように男性の方を相手にする水商売と言える産業で、女性スタッフの年齢層が高めである点があげられます。

「オンラインキャバクラ」の使い方

「オンラインキャバクラ」の使い方は、男性の場合、アプリを導入したりスカイプのようなネットワークを通して会話をするアプリ群を使用し、サービス利用料を支払うことで女性陣とお酒を飲みながら会話をするために使用します。

女性陣側は、収入を得るために「オンラインキャバクラ」のシステムを利用し、収入を得るのです。

「オンラインガールズバー」と「オンラインキャバクラ」の違い

オンラインガールズバー」と「オンラインキャバクラ」の違いですが、両者ともに男性を顧客とした水商売であることには変わりはありません。

あえて違いを出すとすれば、「オンラインガールズバー」は、男性を相手にする女性陣の年齢層が10代から20代と若い点にあり、大学生の方などが収入を得るために利用しています。

そして、「オンラインキャバクラ」側は、水商売のプロが収入を得るために利用しているシステムになり、男性の相手をする女性陣の年齢層が高めだったりと違いがあるのです。

まとめ

オンラインガールズバー」と「オンラインキャバクラ」の違いは、あえて違いを見いだすとなると、男性陣の相手をする女性陣の年齢層にあります。

「オンラインガールズバー」は、10代から20代または30代までと若い世代の女性が収入を得る目的で参加する水商売になりますが、「オンラインキャバクラ」は、元々水商売をしていた方々が参加するため、参加している女性の年齢層に違いが生じているのです。

また、プロ意識にも異なりがあり、「オンラインキャバクラ」は接客のプロが対応しますが、「オンラインガールズバー」側は、大学生や社会人の方などが一時的な収入を得るために参加していますので、プロの接客業者の方と比較した場合、接客能力が劣ることも十分あり得ます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典