スポンサーリンク

「オーガニック」と「無農薬」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「オーガニック」と「無農薬」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「オーガニック」「無農薬」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「オーガニック」とは?

「オーガニック」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「オーガニック」は、英語表記にすると「organic」となります。

「オーガニック」「有機農産物および、その加工食品」という意味があります。

それでは、有機農産物とは何でしょうか。

一般的に農作物を作るときに使用されている「化学物質である、農薬や化学肥料」を使わずに、育てた農作物という意味があります。

世界各国には「オーガニック」かそうではないか、を判定するような期間があり、それらの期間が「オーガニック」だと認めた商品に対して、「オーガニック」と表示することができます。

「一定期間以上、化学肥料を使用していない農場で作られた農作物」や、「オーガニック農産物を飼料として、育てた畜産物」などを「オーガニック」な農産物、畜産物と呼ぶことになります。

一般的に人体に良くないとされている、農薬や、抗生物質、合成添加物や保存料などを使用しないため、「体に優しい」と考えられています。

「無農薬」とは?

「無農薬」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「無農薬」「むのうやく」と読みます。

「無農薬」「植物を栽培するとき、農薬を使わないこと」という意味があります。

それでは、「農薬」とはなんでしょうか。

「農薬」「農業用の薬剤で、殺菌剤や殺虫剤、殺鼠剤や除草剤などのこと」という意味があります。

例えば、農作物を育てていると、虫がきて、農作物を食べてしまうことがあります。

このようなときに、一般的な農場では、殺虫剤を使って、虫を殺しています。

大きな農場では、飛行機に積んだ殺虫剤を、上空から撒くこともあります。

確かに殺虫剤を使えば、虫を殺すこともできますが、殺虫剤の成分は、農作物にも浸透してしまうでしょう。

さらに殺虫剤は人の体にも悪影響があると考えられるため、「体に優しくない」食材になってしまうかもしれません。

このようなことを防ぐため、「無農薬」で農作物を育てることがあります。

「オーガニック」と「無農薬」の違い

「オーガニック」「無農薬」の違いを、分かりやすく解説します。

「オーガニック」は、「有機農産物、およびその加工食品」という意味があります。

一方で「無農薬」「農薬を使わないこと」という意味があります。

「有機農産物」と認められるためには、「農薬」をはじめとして、抗生物質、合成添加物や保存料などを使用しないという条件があります。

このおうに、「オーガニック」という言葉の意味の中に「無農薬」という条件が含まれていると考えることができます。

「オーガニック」という時点で、「無農薬」であり、さらにそれ以外の徐住建も満たしているのが、「オーガニック」となります。

まとめ

「オーガニック」「無農薬」の違いについて見てきました。

似た意味の言葉ですが、大きな違いがありました。

意味を知り使い分けていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典