スポンサーリンク

「カオスすぎる」とは?意味や言葉の使い方を解説

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「カオスすぎる」とは?新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「カオスすぎる」を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「カオスすぎる」の意味

無秩序で混沌とした状態のこと。

「カオスすぎる」の解説

「カオスすぎる」とは、ギリシャ語で「無秩序の状態」指し、状況がめちゃくちゃで収拾がつかない、混乱を極めていて理解がおいつかない、意味不明で支離滅裂な状況といった場合を指します。

「カオス」の本来の意味は、ギリシア神話での宇宙が創られる以前の無秩序で混沌とした状態の状態の事を指し、近年で使用される意味とはスケールの違いはありますが、それほど差異はありません。

「カオスすぎる」の使われ方

「カオスすぎる」は無秩序で混沌とした状態の際に使用されます。

他にも理解不能の状況、そもそも意味がわからない、普通ではない、度を超えている、色々な事柄が交じり合ってぐちゃぐちゃになっているなど、非常に多岐に渡り使用されます。

基本的に無秩序で混沌となっている事が前提で、場所、景色、気持ちなどの状況は問いません。

インターネット上で使用される事も多く、ネット上で散見される、ぐちゃちゃな意見が対立しているようなネット掲示板などの状況や、一見しただけでは理解できないような破天荒なニュース記事などにも使用される事があります。

「カオスすぎる」の類語や言い換え言葉

「カオスすぎる」「カオス」の類語は非常に多岐に渡ります。

一部の例として、滅茶苦茶、支離滅裂、混沌、混乱、パニック、制御不能、無統制、乱雑、無秩序、麻痺状態、騒然など非常に多いですが、それらをまとめて表す言葉とし「カオス」が使用される場合があります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典