スポンサーリンク

「カタログ」と「パンフレット」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「カタログ」と「パンフレット」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「カタログ」「パンフレット」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「カタログ」とは?

「カタログ」は、「自社の商品やサービス内容を一覧できる冊子のこと」です。

その企業で取り扱っている消費やサービスの内容にはどの様なものがあるのかを、一覧できる様にまとめたものです。

全ての商品を掲載している為に、手広く運営している企業ほどページ数が多く、数百ページに渡ることもあります。

それだけしっかりとした製本になっていて、中にはカテゴリ別に製本しているところもあります。

色やサイズ、価格などが同じ形式で記載されていて、比較・注文し易い様になっています。

「パンフレット」とは?

「パンフレット」「特定の商品やサービスの内容を紹介する小冊子のこと」です。

その企業の商品やサービスの中で、顧客が特に興味のあるものを取り上げて紹介する為に作られます。

基本的に同じジャンルのものをまとめてあり、48ページ以内とされています。

ページ数が少ない分、新商品や売れ筋商品などをメインに取り上げて紹介することが多くなります。

「パンフレット」は薄型で、針金などで閉じたペーパーバッグタイプが多くなります。

「カタログ」と「パンフレット」の違い!

「カタログ」「自社の商品やサービス内容を一覧できる冊子のこと」です。

「パンフレット」「特定の商品やサービスの内容を紹介する小冊子のこと」です。

まとめ

今回は「カタログ」「パンフレット」の違いをお伝えしました。

「カタログは全商品の一覧」「パンフレットは特定の商品向け」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典