スポンサーリンク

「カフェオレ」と「カフェラテ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「カフェオレ」と「カフェラテ」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「カフェオレ」「カフェラテ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「カフェオレ」とは?

コーヒーと牛乳をほぼ同量ずつ混ぜた飲み物です。

フランス語になります。

カフェはコーヒーを意味し、オは前置詞、レは牛乳を意味しています。

この飲み物に使用されるコーヒーは、温かいドリップコーヒーであることが一般的です。

コーヒーは濃いめに入れます。

牛乳は温かいものを使用します。

これを同量ずつ用意をして、カップに同時に注ぎ入れます。

自宅で作るときには、インスタントコーヒーを使用することも可能です。

コーヒーだけで飲むときよりも、濃いめのコーヒーにすることが、おいしく作るためのポイントです。

フランスでは、カフェボウルと呼ばれる器で飲むことが多くあります。

カフェボウルはご飯茶碗をやや大きくしたような、深めの形状をしており、たっぷりと飲み物を入れることができます。

「カフェオレ」の使い方

コーヒーと牛乳をほぼ1:1の割合で混ぜた飲み物を指して使用する言葉です。

コーヒーがドリップコーヒーの場合に、この名を使うことが多いです。

「カフェラテ」とは?

コーヒーと牛乳を混ぜ合わせた飲み物です。

イタリア語になります。

この飲み物に使用するコーヒーは、一般的にはエスプレッソです。

イタリアでコーヒーを注文するとエスプレッソが出てくることが少なくありません。

エスプレッソは、深めに焙煎して粗びきにしたコーヒー豆を、圧力をかけながら抽出したものです。

専用の機械を用いており、素早く抽出することができます。

このコーヒーに温めた牛乳を混ぜたものが「カフェラテ」です。

コーヒーと牛乳の比率に定義はなく、牛乳少しでも入っていればこの名で呼びます。

「カフェラテ」の使い方

コーヒーと牛乳を混ぜ合わせた飲み物を指して使う言葉です。

一般的には、エスプレッソコーヒーを使用しているものをいいます。

「カフェオレ」と「カフェラテ」の違い

どちらもコーヒーと牛乳を使用した飲み物ですが、使用しているコーヒーに違いがあります。

前者はドリップコーヒーを使用しており、後者はエスプレッソコーヒーを使用しています。

また、コーヒーと牛乳の割合にも違いがあり、前者はほぼ1:1、後者は決まりはありません。

牛乳は温かいものを使用する点は同じです。

「カフェオレ」の例文

・『久しぶりにカフェオレでも飲もうかな』
・『カフェオレを飲みたい気分だ』
・『温かいカフェオレを飲む』
・『朝食はカフェオレとパン』

「カフェラテ」の例文

・『喫茶店でカフェラテを注文する』
・『この店のカフェラテが好きだ』
・『自宅でカフェラテを作りたい』
・『冷たいカフェラテがおいしい』

まとめ

どちらの飲み物も同じような材料を使用していますが、コーヒーの淹れ方に違いがあります。

一方はドリップコーヒー、もう一方はエスプレッソコーヒーです。

また、コーヒーと牛乳の割合にも違いがあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典