スポンサーリンク

「カードローン」と「リボ払い」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「カードローン」と「リボ払い」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

お金を借り入れる方法は、いくつかあります。

この記事では、「カードローン」「リボ払い」の違いを分かりやすく説明していきます。

正しい内容を知って、マネーの達人になっていきましょう。

スポンサーリンク

「カードローン」とは?

カードローンとは、銀行や消費者金融がおこなっている「個人向けのローン」のこと。

お金が足りないとき、少額から借り入れできる便利なサービスです。

カードローンは保証人を立てなくても、資金を融通してもらえる金融サービスです。

借入限度額以内であれば、自分のプライベートの予定にあわせて何度でも利用できます。

指定しておいた銀行口座から自動的に引き落としされるので、ローンの返済忘れもありません。

カードローンは運営をおこなう会社によって、審査が早いもの、金利が安いところ、カスタマーサービスが上質な企業など「強み」が異なっています。

どれを優先させるかによって、選びたいカードは変わってきます。

賢くつかって、生活の質をあげていきましょう。

「リボ払い」とは?

リボ払いとは、クレジットカード会社がおこなっている「毎月同じ金額を支払う」金融サービスのこと。

お買い物の合計金額にかかわらず、毎月同じ金額を返していく方法です。

クレジットカードには、複数の支払い方法があります。

よく耳にするのは、一括払いや分割払いです。

そしてボーナス月に支払う、ボーナス払いもあります。

4種類目に挙げられるのが「リボ払い」です。

リボ払いのメリットは、お買い物が多い月も少ない月も「同じ金額を返済すればいい」ということ。

毎月同じ金額を返済していけばいいので、毎月の収支が安定していきます。

一括で支払うのが難しい海外旅行や高級ブランドのお買い物に、リボ払いはとても便利です。

一方で返済金額によっては、返済期間が長引いてしまうという弱点もあります。

仕組みを正しく理解して、計画的に利用していくことがおすすめです。

「カードローン」と「リボ払い」の違い

どちらもお金にまつわる用語です。

「カードローン」「リボ払い」の違いを、分かりやすく解説します。

・銀行は「カードローン」クレジットカードは「リボ払い」
どちらも「お金の借り入れができる、便利な金融サービス」をあらわします。

よく似ていますがカードローンは、銀行や消費者金融のサービス。

そしてリボ払いは、クレジットカード会社のサービスになります。

カードローンもリボ払いも、基本的には「毎月決まった金額を返済していく」方式をとっています。

そのためどちらを利用しても、毎月同じ額を返していくことになります。

リボ払いは手持ちのクレジットカードに付帯しているサービスのため、カードがあればいつでも利用できます。

一方でカードローンは、あらたに運営会社に審査の申し込みをおこなう必要があります。

まとめ

「カードローン」「リボ払い」の違いをお伝えしました。

カードローンは銀行や消費者金融の個人向けローンのこと。

リボ払いはクレジットカード会社の返済方法です。

どちらも計画的に利用すれば、魅力的なサービスになります。

正しい仕組みを理解して、ハッピーライフを送っていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典