スポンサーリンク

「ガイドライン」と「規約」とは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ガイドライン」と「規約」とは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ガイドライン」「規約」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ガイドライン」とは?

「ガイドライン」は、他業種からなる罰則の無い一般常識やルールです。

その為、「ガイドライン」は、例えば安全に関して一応ルールがありますと定めていた場合、そのルールを守らないとどうなる課までをきちんと明記しており、一応ルールを守らなくとも大丈夫ですが、怪我をする恐れがあり怪我をしても自己責任ですと言ってのけるのが「ガイドライン」になります。

「規約」とは?

「規約」はその業界内で通用する特殊ルールで守らないと対象者を保護することなく、退会処分として追放をすることまでの権力を持ちます。

例えば、DVDの規約であれば、コピーすることを許さないとしていた場合、これを破り、何らかの手法でDVDを複製した場合、複製した対象者を罰する権限を持つということです。

「ガイドライン」と「規約」の違い

「ガイドライン」「規約」の違いは、他業種からなり罰則があるか無いかです。

「ガイドライン」はあくまでお約束で、万が一のことが起きた場合、自己責任になります。

一方、「規約」は絶対といえる部分があり、それを破ると法律により処罰を受ける対象になるなど警告までを発することが可能です。

「ガイドライン」の例文

・『ネット通販のガイドラインを定める』
この例は、ネット通販サイトのおおよその使用におけるルールを設けるということです。

ただ、このケースは、あくまで特殊なルールであるため、守る必要性はありません。

逆を返せば、守らない人物に対しては、ネット通販サイト側もルールを守る必要性が無いということを証明しているようなもので実のところ、「ガイドライン」「規約」より法的な拘束が無い分両者ともに自由なのです。

「規約」の例文

・『ネット通販の利用規約に触れた』
この例は、ネット通販の利用における約束事のやってはいけない行為に触れたということで罰則を受ける可能性があることを示します。

「規約」は、絶対である部分があり、その部分を破るとルールに従い対象を処分することが可能です。

まとめ

「ガイドライン」「規約」の違いは、対象となるものについてお願いベースであるか、絶対に従うべくことであると定めるかになります。

「ガイドライン」はお願いベースなので両者ともに言ってしまえばルールを無視することが可能です。

ですが、「規約」の場合、ビジネス性が強い場合においてはルールは絶対でそれを破れば対象を処罰できます。

処罰内容は、法律を持ち出して処罰したり、特殊ルールで退会処分にするなどの他違法な行為をした人物であればその情報を第3者に公開して処罰を受ける権利を付与するなど警告に近いことを可能とするのが「規約」です。

逆を返せば、「ガイドライン」はお願いベースであるが故、警告は発することはできないので対象に対して、絶対にするなと言い切る場合、「規約」を持ち出すとよいでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典