「ガノー」と「ルイガノ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「ガノー」と「ルイガノ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ガノー」「ルイガノ」の違いを分かりやすく説明していきます。

「ガノー」とは?

「ガノー」とは、「カナダのルイガノ社から商標使用許可を得ている日本の株式会社あさひが、スポーツ向き(サイクリングの競技向き)の自転車・自転車用品を中心に販売しているブランド名・カテゴリー」のことを意味しています。

「ガノー」というのは、「ルイガノ本社からの輸入販売製品のブランド名」でもあります。

ルイガノ社は1981年に著名な自転車ロードレースの選手(カナダ代表)であったルイ・ガノーによって、カナダのケベック州で創業された自転車・スポーツ用品の会社です。

「ルイガノ」とは?

「ルイガノ」とは、「ルイガノ社の商標使用権を持っている株式会社あさひが、カジュアル向き(街乗り向き)の自転車・自転車用品を中心にラインナップしているブランド名・カテゴリー」のことを意味しています。

「ルイガノ」というのは、「ルイガノ本社」のことを意味していることもありますが、「株式会社あさひのが製造販売しているルイガノライセンス製品のブランド名」でもあります。

「ガノー」と「ルイガノ」の違い!

「ガノー」「ルイガノ」の違いを、分かりやすく解説します。

「ガノー」「ルイガノ」も、カナダのケベック州に拠点を置いている自転車を中心としたスポーツ用品メーカー「ルイガノ社」の日本におけるブランド名ですが、カナダのルイガノ本社が「ガノー」「ルイガノ」を区別しているわけではありません。

日本では株式会社あさひ(サイクルベースあさひ)が、ルイガノ社から商標使用許可を得ています。

このあさひが、カジュアル向き(街乗り向き)の自転車・自転車用品を中心にラインナップした「ルイガノ(LOUIS GARNEAU)」とスポーツ向き(自転車競技向き)の自転車を中心にラインナップした「ガノー(GARNEAU)」を、二つのブランド名(二大カテゴリー)として区別している違いがあるのです。

また「ルイガノ」「ガノー」と比べると、おしゃれ系雑誌で紹介されたりファッション感覚で選んだりする人も多いため、本格的なロードレーサーなどからはあまり好まれない傾向がある違いもあります。

まとめ

「ガノー」「ルイガノ」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「ガノー」とは「日本の株式会社あさひが、スポーツ向きの自転車・自転車用品を中心にラインナップしているルイガノ社のブランド名」を意味していて、「ルイガノ」「街乗り向きの自転車・自転車用品を中心にラインナップしているルイガノ社のブランド名」のことを意味している違いがあります。

「ガノー」「ルイガノ」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典