スポンサーリンク

「ガレージ」と「駐車場」の違いは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ガレージ」と「駐車場」の違いは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ガレージ」「駐車場」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ガレージ」とは?

「ガレージ」の意味は、自動車の車庫です。

車庫には、自動車をはじめ、電車などの車両を収容する建物、場所といった意味があり、そのことから、「ガレージ」にも同じ意味として、自動車や電車などの車両を収容する建物、場所を意味することとなります。

場所を意味するとありますが、「車庫」「庫」は、建物を意味します。

そのため、一般的に「ガレージ」と言えば、車を停めておく場所専用の建物を意味し、屋根が付いている場合や、ビルトインのようにすべて壁で囲まれている場所を「ガレージ」ということとなります。

そのため、「ガレージ」と聞けば、多くのとは野ざらしで車を停めるといったイメージではなく、壁で囲まれ、車を雨風から守ることができるスペースを想像し、最低でも屋根が付いている場所を想像することとなります。

「ガレージ」の使い方

「ガレージ」を使った言葉としては、「ガレージの扉」「ガレージの構造」「ガレージ付き」「ガレージのある家」などとなります。

「駐車場」とは?

「駐車場」とは、駐車する場所を意味し、普通自動車サイズや軽自動車サイズの駐車スペースを確保することができれば、そこは、立派な「駐車場」となります。

特に屋根がなければいけない、シャッター付きでないといけない、などといったことはなく、車を一時的にでも停めておくことができれば、「駐車場」となります。

もちろん、「駐車場」と書いてあっても、屋根が付いている場合や建物の中に車を駐車する場合もあり、実際に確認しなければ、野ざらしのスペースなのか、建物内なのかわからない場合もあります。

「駐車場」の使い方

「駐車場」を用いた言葉には、「駐車スペース」「路上駐車場」「立体駐車場」「機械式駐車場」などがあります。

「ガレージ」と「駐車場」の違い

同じ車を停めておく場所といった意味となる「ガレージ」「駐車場」ですが、そのスペースの内容に少し違いがあります。

「ガレージ」の場合、野ざらしではなく、建物内に車を停めることが可能な場所を意味する一方、「駐車場」の場合は、野ざらしでも建物内でも用いることができる言葉となります。

「ガレージ」の例文

・『私の夢は、リビングから愛車を眺めることができるインナーガレージ付の家を建てることです。』

・『新車を購入したため、雨風から車を守ることができるガレージを探しました。』

・『近くに良いガレージを見つけることができて良かったです。』

・『我が家のガレージには、車だけではなく子供の自転車など、様々なものを置いています。』

「駐車場」の例文

・『私が住むマンションでは、少しでも多くの駐車スペースを確保するため機械式駐車場が採用されています。』

・『どうも、地下駐車場が苦手です。』

・『子供のころ、父と行く立体駐車場が大好きでした。』

・『子供が車を購入したため、駐車場を広げる工事を行いました。』

まとめ

以上が、「ガレージ」「駐車場」の違いです。

どのような場所なのか迷った際は、以上のような違いを踏まえ検討されることをお勧めします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典