スポンサーリンク

「ガーデニング」と「園芸」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ガーデニング」と「園芸」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ガーデニング」「園芸」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ガーデニング」とは?

「ガーデニング」とは、園芸のことです。

自身が所有する庭やベランダで植物を栽培し、楽しむことを目的としています。

英語では“gardening”と綴ります。

英語の“gardening”は、庭仕事のことも意味しています。

庭仕事は庭いじりともいい、庭の草花の手入れをすることです。

「園芸」とは?

「園芸」とは、果樹、野菜、花卉などを植えて育てることや、その技術のことです。

「芸」という漢字には、草木をうえるという意味があります。

園芸のことを英語では、“gardening”“horticulture”といいます。

“gardening”は趣味で行うものを指し、“horticulture”は学術用語として使用されています。

日本語の「園芸」には、園芸農業と呼ばれる出荷を目的として果樹、野菜、花卉などを植えて育てるものと、家庭園芸と呼ばれる家庭で栽培して消費することを目的としたものがあります。

「ガーデニング」と「園芸」の違い

「ガーデニング」は、庭やベランダで植物を育てて楽しむものです。

家庭で行うものを指しています。

「園芸」は、果樹、野菜、花卉などを植えて育てることです。

家庭で楽しむものもあれば、商業的なものもあります。

「ガーデニング」は家庭で行われるものですが、「園芸」は家庭で行うものもあれば、それ以外のものもあるという点が違います。

まとめ

「ガーデニング」「園芸」のことを指し、一部重なる部分もあるのですが、日本語の「園芸」「ガーデニング」よりも広い意味を持っています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典