スポンサーリンク

「キタコレ」とは?意味や言葉の使い方、概要(元ネタ)など

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「キタコレ」とは?新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ネット上で見かけるスラング「キタコレ」とはどういう意味があり、どういった使い方をされているのでしょうか? この記事では、「キタコレ」の意味について分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「キタコレ」の意味とは?

「キタコレ」とは、自分が期待していた展開、もしくは期待されていたことが現実になったときの「喜び」「テンションの高まり」を表すネットスラングです。

「キタコレ」の由来とは?

「(期待していたことなどが)来たよ、これを待っていた」が略されて「キタコレ」となったようです。

「来た」に関しては、1980年代から1990年代にかけて放送されていた目薬「サンテFX」のCM中に、俳優の「織田裕二」「きたぁーーーーーー!」と叫ぶシーンが流行りました。

そのフレーズがそのまま「テンションの高まり」を表すネットスラングとして、「キターーーーー!」「キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!」として多用されるようになりました。

「2011年ギャル流行語大賞」では10位にランクインしています。

一時期に比べて見かける機会は減りましたが、今でも一部で使用されているようです。

「キタコレ」の使い方

何か期待していたことが現実になったときの「喜び」「テンションの高まり」を表現するときに使用されています。

そこから派生して、「自分や世間にとって喜ばしいことが起きたとき」や単に「テンションが上がったとき」などにも使用されています。

「キタコレ」をローマ字表記にして「kitakore」にし、頭文字をとって略した「ktkr」のかたちで使用されていることも多いようです。

また、下記のように顔文字と組み合わせた使い方もあります。

・キタ(・∀・)コレ
・(゚∀゚)ktkr!!
・|ョ゚Д゚ ))キタコレ

「キタコレ」のように、頭文字をとって略されるネットスラング

「キタコレ」「ktkr」と略されるように、同じく頭文字をとって略されるネットスラングがあります。

「wktk」:期待に胸を躍らせている様子を表すネットスラング「ワクテカワクテカ」の略語です。

「ggrks」:「人に質問する前に自分で(グーグルなどの検索エンジンを使って)調べろ」という意味の「ググれカス」の略語です。

「kwsk」:「その情報について、もっと詳しく教えてくれ」というニュアンスの「詳しく」の略語です。

「キタコレ」を使った例文

・『待ちに待った映画の最新情報キタコレ!!』
・『これぞ千載一遇のチャンス!キタコレ!!』
・『俳優Aと女優Bの結婚キタコレ!!』
・『最近話題になっているラーメンを今から食います!ktkr!!』

まとめ

「キタコレ」とは、自分が期待していた展開、もしくは期待されていたことが現実になったときの「喜び」「テンションの高まり」を表すネットスラングです。

「キタコレ」を略した「ktkr」のかたちで使用されていることも多いようです。

先述の意味に加えて、単に「テンションが上がったとき」などにも使用されています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典