「キャッチフレーズ」と「キャッチコピー」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「キャッチフレーズ」と「キャッチコピー」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「キャッチフレーズ」「キャッチコピー」の違いを分かりやすく説明していきます。

「キャッチフレーズ」とは?

「キャッチフレーズ」とは、「人の心(興味関心)を強く引き付けて注目させるような謳い文句・短い言葉(語句)」を意味している言葉です。

「キャッチフレーズ」「マーケティング・宣伝広告の用途」で使用されますが、それ以外の自己PRや書籍の紹介文、サイトの謳い文句などにも使われることがあります。

例えば、「彼のキャッチフレーズは、100%の達成率を誇る最高の仕事人でした」などの例文で使えます。

「キャッチコピー」とは?

「キャッチコピー」とは、「消費者のニーズ(必要)やウォント(欲求)に強く訴えかけて購買欲求を刺激するような謳い文句・誘い文句・短いフレーズ」を意味しているマーケティング用語です。

「キャッチコピー」とは、「消費者の購買マインドに対する訴求力を持っている短い文章・フレーズ(語句)」のことなのです。

「キャッチコピー」というのは、そのほとんどが「マーケティング・宣伝広告の目的」を持って考案されて使用されています。

例えば、「消費者心理を刺激するキャッチコピーを考えることがマーケターの仕事の一つです」といった文章で使用できます。

「キャッチフレーズ」と「キャッチコピー」の違い!

「キャッチフレーズ」「キャッチコピー」の違いを、分かりやすく解説します。

「キャッチフレーズ」「キャッチコピー」もどちらも「人の心に対して強く訴えかける力を持った短い文章・フレーズ(語句)」を意味している点では共通していますが、それぞれの用途が違っています。

「キャッチフレーズ」「宣伝広告・マーケティングの目的ではない自己PR・非商用のサイトなど」にも使われますが、「キャッチコピー」のほうは「宣伝広告・マーケティングの目的に限定され、消費者に対して訴求力がある言葉」といった違いを指摘できます。

まとめ

「キャッチフレーズ」「キャッチコピー」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「キャッチフレーズ」とは「宣伝広告以外の用途にも使われる、人の心を引きつけて注目させる謳い文句・短い文章(語句)」を意味していて、「キャッチコピー」「主に宣伝広告に使われる、消費者のニーズ(需要)やウォント(欲求)に対して訴求力のある印象的な宣伝文句・短い文章(語句)」を意味している違いがあります。

「キャッチフレーズ」「キャッチコピー」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典