スポンサーリンク

「キャバレー」と「キャバクラ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「キャバレー」と「キャバクラ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「キャバレー」「キャバクラ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「キャバレー」とは?

「キャバレー」は、ダンスホールや舞台がある酒場のことです。

舞台ではダンスやショーが披露され、ホステスによって酒や飲食のサービスがあります。

もともとは、19世紀のフランス・パリで社会風刺を含んだ歌や寸劇を披露する場所を指していました。

日本では、風俗法によって規制されています。

「キャバクラ」とは?

「キャバクラ」は風俗営業の一種です。

「キャバレー」とクラブの中間とされています。

風俗営業とは、客を接待して遊興や飲食をさせる営業のことをいいます。

「キャバクラ」では、キャバ譲と呼ばれる女性が席で客を接待する営業を指しています。

日本では風俗法によって規制されていて、18歳未満は入店させてはいけない、深夜0時から日の出までは営業してはいけないなど決められています。

「キャバレー」と「キャバクラ」の違い

「キャバレー」には、ダンスホールや舞台があり、ダンスやショーが披露されます。

「キャバクラ」では、これがありません。

ホステスが客を接待する、酒が提供される、風俗法によって規制されているという点は同じです。

まとめ

「キャバレー」「キャバクラ」は似ている点もありますが、この2つは区別されています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典