スポンサーリンク

「ギガが減る」とは?意味や言葉の使い方を解説

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ギガが減る」とは?新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ギガが減る」を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ギガが減る」の意味

ギガが減るというのは若者がスマホを使っていて動画などを通信量の消費が早くてあっという間に使えるデータ通信量がなくなることを嘆いて使う言葉

「ギガが減る」の解説

ギガが減るというのはスマホのデータ通信の契約で何GB(ギガバイト)を契約するかでその月に使える通信量が決まっている事から、動画など高速通信を使っているとすぐに使えるギガが減ってしまうという意味の言葉です。

同じスマホを使ってインターネットを利用する人でも若い人ほど動画などたくさん通信をする傾向にあってあっという間に通信制限になるまでギガを消費する傾向にあるので、ギガが減るという言葉を普通に使う若者が多いです。

それに比べて年配になるほどスマホで動画を長時間視聴する人は少なくなるので、今月あと何GB使えるか気にする必要がないというのがあります。

「ギガが減る」の使われ方

ギガが減るという言葉の使われ方ですが、 いつもスマホで動画を見るからギガが減るといったものや今月はいつも以上にギガが減るのがヤバイといった感じで使われます。

これは若い人が外出先でスマホを使って動画を見ている事が多い事からいつもあと今月どれだけ通信できる量が残っているかを気にしている時に使う言葉です。

誰かにもう今月は外でスマホをまともに使えないかもという事をアピールするために使うのがギガが減るという言葉になります。

なので、スマホでネットをするのが難しくなるかもしれない事を心配する気持ちをギガが減るという言葉で若者は表現しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典