スポンサーリンク

「ギッチョ」とは?意味や言葉の使い方、概要(元ネタ)など

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ギッチョ」とは?新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ギッチョ」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ギッチョ」とは?意味

「ギッチョ」は、鳴き声を示す言葉で、ぎっちょとなく生き物はキリギリスのことで、キリギリスの鳴き声を示す言葉です。

他には、「ギッチョ」は左利きであるという意味もありますが、実はこの左利きを「ギッチョ」というのは差別用語で、左利きという言葉だけを違う言い方で述べるのは差別であるということで「ギッチョ」という言葉は差別用語に当たるとなり、現在ではテレビでは使用されません。

「ギッチョ」の概要

「ギッチョ」は、実は、割と多くもののを指しまして、例えば、茶道で使用する道具の中にも「ギッチョ」というものがあり、これは、黒炭のことで要はお茶を沸かす際に使用する炭を「ギッチョ」と読んだり、キリギリスのことを鳴き声から「ギッチョ」と読んだり、左利きを「ギッチョ」と読んだり様々でして多くの物を指します。

ただ、左利きを「ギッチョ」というのは、差別用語に当たるため、現在では使用されておらず、サウスポーという言い方をしたりと外国から由来した言葉に置き換えることで差別ではないとしています。

「ギッチョの言葉の使い方や使われ方

「ギッチョ」は大半が左利きという意味で使用しますが、これは差別に当たるため、日常では使用しても公共の場では使用しないです。

逆に、黒炭のことを「ギッチョ」という場合、それはお茶の先生などが呼びます。

「ギッチョ」を使った例文

・『ギッチョをネット通販にて購入する』
この例は、茶道で使用する黒炭をネット通販で購入するという例です。

「ギッチョ」はお茶の世界では黒炭のことで要はお茶を沸かす際に炉にくべる炭を意味します。

・『キリギリスがギッチョとなかなか鳴かない』
この例は、キリギリスが声をあげて泣かないという例です。

「ギッチョ」という音がキリギリスの鳴き声になり、この例ではキリギリスが鳴き声をなかなか上げないという例になります。

・『自分はギッチョであるが生活に支障はない』
この例は、自分は左利きだが生活に支障はないという例です。

「ギッチョ」は左利きという意味で、差別用語に当たりますが自分から述べる場合や差別意識が無い場合通用する言葉で日常であろうとどこでも使用可能です。

まとめ

「ギッチョ」という言葉は、即座に差別であると考える方が多いのですが、実は「ギッチョ」は差別でもなんでもない意味がある言葉で、例えば、お茶の先生が炉にくべる黒炭も「ギッチョ」と呼びますがこれは単に炭のことで差別ではありません。

他にも、キリギリスの鳴き声も「ギッチョ」ですが、これも別に鳴き声を指すので差別でもなんでもないです。

左利きという意味においては、イメージがマイナスであることから差別だとなり、特別な言い方で「ギッチョ」というから差別だとなるのですが、これを英語に置き換えサウスポーというのも実は差別だという声もあり、言い方を格好良く言えば差別ではなくなると考えるのはどうかと思われます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典