スポンサーリンク

「ギミック」と「トリック」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ギミック」と「トリック」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ギミック」「トリック」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ギミック」とは?

「ギミック」とは、からくり、仕掛けという意味になります。

例えば合成や照明による、映像上の特殊効果、普通では出せないような音を使った演奏といったことを言います。

「トリック」とは?

「トリック」とは、人を騙す「はかりごと」、誤魔化し、策略といった意味があります。

推理小説などはこの「トリック」がいかに上手かによって面白さが変わります。

わかりやすい「トリック」であれば読者は騙されることはありません。

「こんな単純なトリックに引っかかるなんて僕もまだまだだ」「読者諸君、このトリックを見破ることができるか」などと、使います。

「ギミック」と「トリック」の違い!

「ギミック」「トリック」の違いを、分かりやすく解説します。

どちらも同じような印象を受けますが、違いがありますので混同しないようにしてください。

「ギミック」とは、からくり、仕掛けという意味です。

つまり見る側からすればどのような効果があるのかはわからないにしても、最初から何かの仕掛けがあるとわかっているわけです。

一方の「トリック」とは人を騙すはかりごと、策略という意味ですので、使い方としては「見破る」「引っかかる」となるわけです。

簡単にまとめますと「ギミックはからくり、仕掛け」「トリックははかりごと、策略」となります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「ギミック」「トリック」、二つの言葉の意味と違いを説明しました。

それぞれの言葉の意味を正しく覚えて、使い分けていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典