スポンサーリンク

「ギリセーフ」とは意味や概要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ギリセーフ」とは新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ギリセーフ」を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ギリセーフ」の意味

「ギリセーフ」とは、ぎりぎりで間に合うこと。

「ギリセーフ」の解説

「ギリセーフ」とは「ギリギリセーフ」とも同義語で、ぎりぎりで間に合う、間一髪で間に合った、という意味になります。

例えば仕事などで「ギリセーフで何とか仕上がりました」「3時までに届ければ、ギリセーフですよね?」などと使う場合もありますが、礼儀に厳しい上司の前では使わないようにしましょう。

基本的には「ギリセーフ」とはため口である、くだけた表現であると覚えておいてください。

「ギリセーフ」の使われ方

「ギリセーフ」とは、日常会話において「何とかOK」という意味合いでよく使われます。

それではいくつか例を紹介します。

「ギリセーフ」は目上の人や公の場では使わないということを踏まえた上で、使い方の参考にしてみてください。

「お前、15分も遅れてきて、何がギリセーフだよ。完璧遅刻だ」

「明日締め切りって聞いて焦った。ギリセーフで手続き間に合って良かったよ」

「この長さならギリセーフって思ったんだけど、先生に駄目って言われたわ」

「このレベルだと、まあギリセーフってとこだな。もしかしたら不合格になるかもしれない」

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典