「クラウドファンディング」と「ふるさと納税」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「クラウドファンディング」と「ふるさと納税」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「クラウドファンディング」「ふるさと納税」の違いを分かりやすく説明していきます。

「クラウドファンディング」とは?

「クラウドファンディング」の意味と概要について紹介します。

「クラウドファンディング」の意味

「クラウドファンディング」「インターネットを通して、不特定多数の人から資金を募ること」です。

「クラウドファンディング」の概要

「クラウドファンディング」は、インターネットを通して、自分の提案に賛同した不特定多数の人達から、それぞれ少額で資金調達をすることを言います。

専用のサイトがあり、個人でやってみたいことや、「こうすれば社会が良くなる」と思うことがあるけれども、資金がなくて実行できない人がネット上で呼びかけて、資金を集める時に使われます。

「クラウドファンディング」には幾つかの種類があり、特に見返りのない「寄付型」、金銭的見返りのある「投資型」、特典がある「購入型」などになります。

「ふるさと納税」とは?

「ふるさと納税」の意味と概要について紹介します。

「ふるさと納税」の意味

「ふるさと納税」は、「応援したい自治体に寄付として納税できる仕組み」のことです。

「ふるさと納税」の概要

「ふるさと納税」は、個人が応援したい自治体に寄付ができる仕組みで、寄付金は税金として控除が受けられます。

更に返礼品として、その自治体から特産品が貰えるという制度です。

「クラウドファンディング」とは違い、「寄付型」限定ですが、自分の出身地だけではなく、好きな地域に寄付できます。

折角一生懸命働いたのに、高い税金を取られてしまうことへの不満を和らげる為に制定されました。

「クラウドファンディング」と「ふるさと納税」の違い!

「クラウドファンディング」「インターネットを通して不特定多数の人から資金を募ること」です。

「ふるさと納税」「応援したい自治体に寄付として納税できる仕組み」です。

まとめ

今回は「クラウドファンディング」「ふるさと納税」の違いをお伝えしました。

「クラウドファンディングは資金調達」「ふるさと納税は控除が受けられる」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典