スポンサーリンク

「クラシックバレエ」と「モダンバレエ」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「クラシックバレエ」と「モダンバレエ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

新しい習い事を始めようかなと思うとき、ジャンルの差が気になることもあります。

この記事では、「クラシックバレエ」「モダンバレエ」の違いを分かりやすく説明していきます。

自分にぴったりのお稽古を見つける、ヒントにしてみてください。

スポンサーリンク

「クラシックバレエ」とは?

クラシックバレエは17世紀に生まれた、歴史あるバレエのこと。

伝統にのっとった、正統派のバレエダンスです。

クラシックバレエの代表が白鳥の湖。

誰もがテレビなどで観たことのある、美しい踊りです。

このとき女性はすらりと長い脚がきわだつ、可憐なチュチュを着用します。

スカートの部分は水平に横に広がっていて、しっかりとしたハリと固さもあります。

クラシックバレエを習うメリットは、歴史あるバレエの真骨頂に触れられること。

規律やルールは厳しいものの、何百年も続いてきたバレエの基礎をしっかり学べます。

集中力や体幹力、そして表現力が上がる良さもあります。

普段の生活では身につけられない、上品な立ち居振る舞いが自然と身につきます。

「モダンバレエ」とは?

モダンバレエは20世紀を過ぎて生まれた、新しいバレエのこと。

自由で自分らしいスタイルを追求した、軽やかなバレエダンスです。

モダンバレエはバレエから、かた苦しさを取りのぞいた現代的なダンスです。

使われる音楽、そして身に着ける衣装にも決まりがないので、大胆なアレンジを加えられます。

女性はモダンドレスと呼ばれる、くるぶし丈のロングドレスを着用することが多いです。

モダンバレエを習うメリットは、体を動かすことの楽しさを学べるということ。

振付の先生に色々なテイストを教えてもらえるので、常に新鮮な気持ちでレッスンに向かえます。

伝統という枠にとらわれずに、カジュアルな踊りを楽しめます。

「クラシックバレエ」と「モダンバレエ」の違い

どちらもお子さんや大人の習い事に人気の種目です。

「クラシックバレエ」「モダンバレエ」の違いを、分かりやすく解説します。

・歴史あるクラシック、現代的なモダンバレエ

「クラシックバレエ」「モダンバレエ」は、どちらもバレエの種類です。

ただ生まれた年代がまったく異なります。

クラシックバレエは17世紀のフランスで生まれたので、ルールや格式を大切にする内容となっています。

またモダンバレエは近代に生まれたもので、ストリートダンスに近い自由な要素もたのしめます。

バレエの基礎を学びたいなら、クラシックバレエを。

バレエという枠に捉われず、ダイエット目的で踊りたいならモダンバレエを。

うまい使い分けがおすすめです。

まとめ

「クラシックバレエ」「モダンバレエ」の違いを分かりやすくお伝えしました。

クラシックバレエは古典的で、オーソドックスなバレエダンスのこと。

モダンバレエはクラッシックダンスに対抗するように生まれた、より近代的なダンスです。

バレエの基礎を学びたいならクラシックを。

気軽にダンスに通いたいならモダンバレエがおすすめです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典