「クレーム」と「クレーマー」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「クレーム」と「クレーマー」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「クレーム」「クレーマー」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「クレーム」とは?

「クレーム」の意味と使い方について紹介します。

「クレーム」の意味

「クレーム」は、「商取引で、売買契約に違反した相手に対して、損害賠償請求を行うこと」「相手に対して苦情を言うこと」という意味です。

「クレーム」の使い方

「クレーム」には以下の2つの使い方があります。

1つ目は本来の意味で、売買契約に違反した相手に対し、自分の正当な権利を主張して、損害賠償や何かしら要求することを言います。

「クレーム」は英語で“claim”と書き、「主張、請求、要求」という意味で、自分に正当な権利がある時に使われる言葉です。

2つ目は上記から転じて「苦情や意義を唱えること」という意味で、日本ではこちらの意味で使われることが多くなります。

商品やサービスに不満を感じた時に、業者に苦情を言う時に使われます。

「クレーマー」とは?

「クレーマー」の意味と使い方について紹介します。

「クレーマー」の意味

「クレーマー」は、「実際に苦情を言う人のこと」という意味です。

「クレーマー」の使い方

「クレーマー」は、英語の“claim”「~する人」を表す「-er」を付けて日本語化した言葉で、商品の欠陥や接客の仕方などについて、しつこく苦情を言ったり、理不尽な要求をする人のことを言います。

「クレーマー」と言う場合、何度もしつこく苦情を言ってくる迷惑なお客のことを表します。

一つの商品だけではなく、他の商品を購入して苦情を言ってくる人もいます。

業者が毅然とした態度を取らないと、理不尽な要求をしてきたり、恐喝をるケースもあるのです。

「クレーム」と「クレーマー」の違い!

「クレーム」「正当な権利を主張して、損害賠償請求すること」「苦情、異議を唱えること」です。

「クレーマー」「しつこく苦情を言ったり、理不尽な要求する人のこと」です。

まとめ

今回は「クレーム」「クレーマー」の違いをお伝えしました。

「クレームは正当な権利」「クレーマーはしつこく苦情を言う人」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典