スポンサーリンク

「グループホーム」と「老人ホーム」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「グループホーム」と「老人ホーム」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「グループホーム」「老人ホーム」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「グループホーム」とは?

「グループホーム」の最大の魅力は、住み慣れた地域で暮らし続けることができる地域密着型のサービスであるという点です。

小規模の介護施設で、認知度の高齢者数人で共同生活を送るものとなります。

9人までで構成されるものとなり、毎日、同じメンバーで日常生活を送ります。

非常に家庭的な雰囲気の中で日常生活を送ることができるのです。

お世話をしてくれるスタッフは、認知症介護のプロです。

知識や技術を持つスタッフが生活のお世話をしてくれます。

入所条件は5つあり、それらをクリアしなければ「グループホーム」に入所することはできません。

年齢は65歳以上で要支援2または要介護1以上の認定を受けている人。

65歳未満の場合は、若年性認知症、初老期認知症で、要支援2または要介護1以上の認定を受けている人。

そのほか、医師による認知症の診断を受けている人や施設と同じ市町村に住民票がること、集団生活に支障のない人となります。

「グループホーム」の費用においては、初期費用として最大100万円ほど必要な場合もありますが、なかには0円で入所することができる場合も4976632 33818748 unchan0701あります。

また、月額の費用は家賃や食費、介護サービス費などを含め15万円から20万円程度となります。

「老人ホーム」とは?

「老人ホーム」の最大の魅力は、どんな人でも入所可能だという点です。

自立可能な人でも入所することができ、もちろん、要介護者も入所することが可能です。

様々な人が入所する「老人ホーム」となるため、入所者に合わせた日常生活を送ることができる仕組みとなっています。

主に自立型、介護専用型、混在型があり、自分に合ったタイプの「老人ホーム」を選択し入所することになります。

「老人ホーム」の費用においては、初期費用が0円のところもあれば、数千万円といった高額となる「老人ホーム」もあります。

また、月額費用は15万円から40万円と、こちらも幅広い額となります。

その理由としては、運営母体が民間企業、社会福祉法人、医療法人、NPO法人などと様々で、運営母体によって、「老人ホーム」の施設環境などが大きく異なるためとなります。

「グループホーム」と「老人ホーム」の違い

「グループホーム」「老人ホーム」の違いは以下のようなものとなります。

まず、対象者は「グループホーム」の場合、軽度から中等度程度の認知症高齢者に対し、「老人ホーム」の場合は、自立できる人から要介護者まで幅広い人が対象です。

また、入所条件においては、「グループホーム」の場合、要介護2以上や認知症の診断がある人、施設がある場所に住民票がある人など、細かな制限が求められますが、「老人ホーム」の場合、施設によって条件は様々で、自分の条件にあった「老人ホーム」を探すことが可能です。

そのほか、「グループホーム」の場合、家庭的な環境の下、日常生活を送ることができるなどといった点も「老人ホーム」との大きな違いとなります。

まとめ

以上のような違いがある「グループホーム」「老人ホーム」

特に「老人ホーム」の場合、運営母体によって大きく異なることが多いため、実際に入所を検討する際には、施設の見学などを欠かすことはできません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典