スポンサーリンク

「コッカラス」とは意味や概要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「コッカラス」とは新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「コッカラス」を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「コッカラス」の意味

「コッカラス」とは、「代替医療のホメオパシーで使用されるレメディ(擬似薬)の一種で、インディアン毒ツヅラフジを原料としたもの」「代替医療のホメオパシーで使用されるレメディ(擬似薬)の一種で、インディアン毒ツヅラフジを原料としたもの」を意味しています。

「コッカラス」の解説

「コッカラス」というのは、「代替医療・ホリスティック医療のホメオパシーにおいて、麻痺・書痙(しょけい)・疲労困憊・寝不足・うつ病などに対して使われるレメディ(擬似薬)の一種」を意味しています。

ホメオパシーとは、症状の原因となっているものと同種のものを摂取することで症状を回復するとされる「同種療法」のことです。

「コッカラス」というレメディは「インディアン毒ツヅラフジ(Coccalus Indicus)」を原材料にしていて、インディアン毒ツヅラフジには「麻痺性の衰弱・神経活動のスピードの遅滞を起こす毒性」があります。

レメディは「毒性を希釈して震盪(しんとう)させ無毒化した状態」にして摂取します。

「コッカラス」の使われ方

「コッカラス」の使われ方は、「ホメオパシー(同種療法)において麻痺・胃けいれん・書痙・疲労困憊・うつ病などに対して使われるインディアン毒ツヅラフジ(Coccalus Indicus)」を意味して使うという使われ方になります。

「コッカラス」の原材料であるインディアン毒ツヅラフジ(Coccalus Indicus)には、「神経活動を鈍麻させたり麻痺させたりする毒性」がありますが、ホメオパシーではこの毒性を希釈化・震盪して無毒化した状態にしたレメディの形で使用しているのです。

例えば、「西洋医療でけいれん・麻痺に対してあまり効果がないのであれば、ホメオパシーのコッカラスを試してみても良いかもしれません」などの文章で使えます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典