スポンサーリンク

「コテージ」と「ペンション」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「コテージ」と「ペンション」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「コテージ」「ペンション」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「コテージ」とは?

「コテージ」は宿泊を伴ううえで、利用者側が施設を管理する立場にあります。

例えば、お風呂に入るのであればお風呂場を宿泊者である利用者が管理し、食事をとるにしてもキッチンで自らが調理をしなければ何も得られるものがありません。

つまり、「コテージ」はセルフサービスで寝床は提供するが後は自分たちで施設を管理して何とかしろという概念で成り立っているのです。

「ペンション」とは?

「ペンション」は民宿のことを指し、家族が経営することで成り立つ宿泊施設です。

建物は洋風であるものを「ペンション」と呼び、言ってしまえば一軒家を宿泊施設にしたものであるため、管理者となる運営側と共同で食事を共にした利入浴施設なども使用します。

日本では、和風の民家を宿泊施設としたものを、「民宿」と呼び、洋風のものを「ペンション」と呼びます。

「コテージ」と「ペンション」の違い

「コテージ」は管理下にある建物についてはあくまで宿泊をする部分のみが管理者側が関与する部分であり、後の施設は管理人が管理をしておらずいわばセルフです。

一方、「ペンション」は建物内すべてが管理人の管理体制にあるため、食事を共にする場所やお風呂なども管理人の管理下にあり、寝食を管理人と共にするという認識です。

その為、開放感および、他人から指図を受けないで済むのは、「コテージ側」でこちらはあくまで宿泊する建物のみ管理されているため建物のみ、管理人側が口出しを行います。

さらに言えば、「ペンション」は建物すべてが管理人の管理下であるため、違いにおいては「ペンション」は、管理人が気に入らないと利用者を判断した場合、すべての施設の利用ができなくなるという違いも存在します。

「コテージ」においては、宿泊施設側の利用を不可とする権限はあるがそれ以外の施設が管理下に無いため、「コテージ」は実質宿泊を断られない限り全施設利用可能です。

「コテージ」の例文

・『このコテージにはお風呂が存在しない』

この例は、宿泊施設にお風呂がないとした例です。

何故無いかは、コテージは宿泊を主とした施設であるため、別枠でお風呂を用意していることもあり、そうした場合や宿泊施設にお風呂があっても自分たちで管理する必要があり、このケースの場合は、宿泊する場所にお風呂がないとしているだけで、実際にはどこか別のエリアにお風呂が存在している可能性もあります。

「ペンション」の例文

・『ペンションは日本で言う民宿である』

この例は、ペンションという物は、日本で言われている民宿であるとした例です。

実際、「ペンション」は、洋風の民宿という扱いになりますのでこの例は民宿であるとした点は正しいです。

まとめ

「コテージ」「ペンション」の違いは、管理体制が異なり、「コテージ」は一つの宿泊施設があったと仮定した場合、寝泊まりする部分のみ管理者の管理体制にあることです。

その為、「コテージ」の利用を断られた場合、すべての施設利用が不可となるわけではなく、あくまで寝泊まりできないだけで、「ペンション」の場合はそうならず、利用を断られた場合、宿泊はおろか、飲食や入浴などすべての利用可能であろう、民宿が提供するサービスすべてが利用できません。

その為、宿泊を断られてもまだ、他の施設を使用してもよい「コテージ」の方がまだ管理体制が緩く、他の施設を利用可能です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典