スポンサーリンク

「コンサルタント」と「リサーチャー」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「コンサルタント」と「リサーチャー」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「コンサルタント」「リサーチャー」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「コンサルタント」とは?

「コンサルタント」は英語の「consultant」のカタカナ表記です。

これはコンサルティングしている個人や法人を示す言葉です。

では「コンサルティング」って何?と思う人もいるので「コンサルティング」についても説明します。

これも英語の「consulting」のカタカナ表記で、「相談する」という英単語「consult」がベースになっている言葉です。

「コンサルティング」を簡単に言えば、「専門知識を駆使して顧客の課題を解決する」でしょう。

つまり「コンサルタント」はこの「コンサルティング」をする人で、一般的に職業を表します。

「経営コンサルト」「ITコンサルト」「フードコンサルト」など、「コンサルト」が活躍する分野は多岐にわたります。

「リサーチャー」とは?

「リサーチャー」は英語の「Researcher」のカタカナ表記です。

「Reserch」という英語がベースになっている言葉です。

「Reserch」はカタカナで「リサーチ」です。

調査、研究という意味のこの言葉は日常でもよく使われています。

友達との会話で「どのお店が良いかリサーチしてみる」など気軽に使われている外来語です。

「リサーチャー」はこのようにリサーチする人を表します。

つまり調査する人、研究する人に対して使われる言葉です。

一般的に使われている「リサーチャー」「マーケティングリサーチャー」を意味します。

日本語で説明するなら「市場調査する人」です。

企業にとってマーケティングはとても重要です。

インターネットが普及現在は、主流になっているのがデジタルマーケティングがです。

そのためにリサーチするには、ビッグデータの解析ツール、データマイニングのスキルなどをできる人材が求められています。

「コンサルタント」と「リサーチャー」の違い

「コンサルタント」「リサーチャー」の違いを、分かりやすく解説します。

「コンサルタント」「リサーチャー」はどちらも英語からの外来語ですが、日本社会では当たり前として日常的に使用されている外来語です。

「コンサルタント」は顧客の課題解決を目的とするのに対して、「リサーチャー」は市場の調査を中心とします。

コンサルティングするにあたり、事前に市場調査、つまりリサーチする必要があるケースも多いので、コンサルティング業務の中にリサーチ業務が含まれることも珍しくありません。

つまり「コンサルタント」の方が「リサーチャー」より広い知識を要求されるとも考えられます。

まとめ

「コンサルタント」「リサーチャー」はどちらも英語由来の言葉で、かっこいいイメージがある職業です。

特に外資系のコンサルトやリサーチャーとなれば、収入も多く華やかな職業だと思われがちです。

しかし良い収入を得るには、常に知識を得るために勉強しなくてはいけません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典