「コーラルピンク」と「コーラルレッド」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「コーラルピンク」と「コーラルレッド」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「コーラルピンク」「コーラルレッド」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「コーラルピンク」とは?

「コーラルピンク」の意味と概要について紹介します。

「コーラルピンク」の意味

「コーラルピンク」とは「オレンジ色がかったピンク色のこと」です。

「コーラルピンク」の概要

「コーラルピンク」は、ピンク色の中でもオレンジ色がかかり、より鮮やかな色合いのことを言います。

「コーラル」は英語で“coral”と書き「珊瑚(サンゴ)」という意味です。

日常ではあまり使われることはないのですが、微妙な色合いを重視するファッション業界では「コーラル」という色の種類があります。

曖昧な色合いで人により捉え方は違いますが、赤に近いオレンジ色を薄くした色のことです。

「コーラルピンク」は、このサンゴの色に更にピンクの色合いを加えた色のことを言います。

上品で可愛らしさもあり、女性の好まれるカラーです。

「コーラルレッド」とは?

「コーラルレッド」の意味と概要について紹介します。

「コーラルレッド」の意味

「コーラルレッド」とは「オレンジ色がかかった赤のこと」です。

「コーラルレッド」の概要

「コーラルレッド」は、赤い色のなかでもオレンジとピンクが混ざった色合いのことを言います。

上記で紹介したサンゴの色に赤みがより加わった色合いのことを言います。

紅色を薄くした色ですが、サンゴの基本色としてオレンジがかかっているので、華やかでも上品な色合いになります。

口紅やネイルなど、女性のコスメとして好まれる色です。

「コーラルピンク」と「コーラルレッド」の違い!

「コーラルピンク」「オレンジ色がかったピンク色のこと」です。

「コーラルレッド」「オレンジ色がかかった赤のこと」です。

まとめ

今回は「コーラルピンク」「コーラルレッド」の違いをお伝えしました。

「コーラルピンクはオンレジ系ピンク」「コーラルレッドはオレンジ系レッド」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典