「ゴールデン」と「ゴールド」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ゴールデン」と「ゴールド」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ゴールデン」「ゴールド」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ゴールデン」とは?

「ゴールデン」の意味と使い方について紹介します。

「ゴールデン」の意味

「ゴールデン」「金色の」「黄金の様に価値のある」という意味です。

「ゴールデン」の使い方

「ゴールデン」は英語の“golden”が日本語化した言葉です。

意味は「金色の」という意味で、名詞の前についてその名詞を修飾する言葉です。

「ゴールデンリング」と言う場合、「金色の指輪」という意味ですが、それはあくまで話し手の主観で「気に絽に見える」という意味で、その指輪が「金メッキ」であるか、「純金」であるかまでは含まれていません。

また、「ゴールデン」は和製英語として「黄金の様に価値のある」という意味でも使われます。

「ゴールデンウィーク」「ゴールデンタイム」などは、「家族や恋人と過ごせる価値ある時期や時間」という意味で使われています。

因みに英語では“prime-time”と言います。

「ゴールド」とは?

「ゴールド」の意味と使い方について紹介します。

「ゴールド」の意味

「ゴールド」「金・黄金」「金色」という意味です。

「ゴールド」の使い方

「ゴールド」は英語の“gold”が日本語化した言葉で、「金」「金色」という名詞として使います。

こちらは貴金属の「金」を表すこともあれば、「金色」という色を表す言葉です。

「ゴールドリング」と言えば、「金の指輪」という意味で、「金色の指輪」ではありません。

ただし、格付けとして「高級な」という意味で使われることもあります。

「ゴールドカード」「ゴールドメンバー」など、一定基準以上の会員のランクを表す言葉として使われることもあります。

「ゴールデン」と「ゴールド」の違い!

「ゴールデン」「金色の」「黄金の様に価値のある」という意味です。

「ゴールド」「金・黄金」「金色」という意味です。

まとめ

今回は「ゴールデン」「ゴールド」の違いをお伝えしました。

「ゴールデンは名詞に対する修飾語」「ゴールドは名詞」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典