「サガリ」と「ハラミ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「サガリ」と「ハラミ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「サガリ」「ハラミ」の違いを分かりやすく説明していきます。

「サガリ」とは?

「サガリ」の意味と概要について紹介します。

「サガリ」の意味

「サガリ」とは「牛の横隔膜で背中側の部位のこと」です。

「サガリ」の概要

「サガリ」とは、牛の横隔膜の背中側にある希少部位のことです。

「ハラミ」も横隔膜付近の肉ですが、「サガリ」方が背中側にある為に、あっさりとしているのが特徴です。

「サガリ」の由来は、内臓を吊り下げている部位であるからと言われています。

牛1頭から1本しかとれない希少部位で、脂身がなく邸カロリーであることから、女性に人気があります。

実は関東では「サガリ」「ハラミ」の区別はなく、全て「ハラミ」で統一されています。

「ハラミ」とは?

「ハラミ」の意味と概要について紹介します。

「ハラミ」の意味

「ハラミ」「牛の横隔膜で肋骨側の部位のこと」です。

「ハラミ」の概要

「ハラミ」も、牛の横隔膜の筋肉ですが、ホルモン(内臓)に分類されています。

肋骨に接する腹側の部位で、脂がのっていて弾力があり、焼肉以外に煮込みや炒め物などにも使われ、中には「ハラミステーキ」もあります。

見た目は赤身の様なのですが、口当たりが良く旨味や甘味がある為に、カルビよりも好きだという人も多いのです。

「ハラミ」も牛1頭から2キロ程度しか取れない希少部位です。

「ハラミ」は牛だけではなく豚や鶏肉にもあります。

豚の場合は牛と同様横隔膜の部分ですが、鶏肉の場合は横隔膜がないので、お腹周りの肉になります。

「サガリ」と「ハラミ」の違い!

「サガリ」「牛の横隔膜で背中側の部位であっさりしている」です。

「ハラミ」「牛の横隔膜で肋骨側の部位で脂が乗っている」です。

まとめ

今回は「サガリ」「ハラミ」の違いをお伝えしました。

「サガリは背中側」「ハラミは肋骨側」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典