「サコッシュ」と「ポシェット」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「サコッシュ」と「ポシェット」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「サコッシュ」「ポシェット」の違いを分かりやすく説明していきます。

「サコッシュ」とは?

「サコッシュ」とは、もともとは、自転車、トライアスロンなど長時間の競技をする際に、補給食を入れて携帯する為のバッグで、軽量で小さめ、薄型のデザインで斜めがけをして使います。

荷物の取り出しやすさ、また中の荷物が飛び出ない為、バッグ口はファスナー仕立てのものが主流です。

濡れても大丈夫なナイロン素材なので扱いやすいバッグと言えるでしょう。

「サコッシュ」の使い方としては、スポーツの時だけでなく、貴重品など常に身に着けておきたいものだけを入れておく、散歩や買い物など、両手を自由にして動きやすくする、などがあります。

「ポシェット」とは?

「ポシェット」とは、女性用のストラップがついた小さいバッグという意味になります。

形は様々ありますが、基本的に「マチ」があるというのが特徴です。

つまり「ポシェット」とは女性用のバッグですから、男性がストラップのついたバッグをかけている場合は「ポシェット」ではなく「ショルダーバッグ」と言い表します。

「サコッシュ」と「ポシェット」の違い!

「サコッシュ」「ポシェット」の違いを、分かりやすく解説します。

どちらもストラップがついてあり、斜めがけできるバッグという共通点があります。

ですが、言葉の意味としてまったく違うものですから区別をつけて使い分けてください。

「サコッシュ」の見た目的特徴は、ナイロンなど水に濡れても大丈夫な素材が多く、形は「マチ」のない四角となります。

軽く、薄く、スポーティな印象となります。

一方の「ポシェット」は、女性用の小さなバッグにストラップがついているという意味で、素材は革、布地、ナイロンなど様々ありますが「マチ」があるというのが「サコッシュ」との違いです。

「サコッシュ」と比べて「ポシェット」は女性のおしゃれバッグといったイメージになります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「サコッシュ」「ポシェット」二つの言葉の意味と違いを説明しました。

どちらも斜めがけバッグという意味では同じようなものですが、素材、デザインなどで違いがあります。

それぞれの特徴を理解して、使い分けていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典