スポンサーリンク

「サプライヤー」と「メーカー」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「サプライヤー」と「メーカー」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「サプライヤー」「メーカー」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「サプライヤー」とは?

「サプライヤー」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「サプライヤー」はカタカナ語の一つで、「納入業者」「仕入れ先」という意味を持ちます。

例えば製造業や販売業などを「サプライヤー」と呼ぶことがあります。

例えば飛行機を作るとき、様々な部品が、各企業から供給されて、組み立てて作ることになります。

このような時、飛行機を作る企業から見ると、部品を供給してくれる企業を、「サプライヤー」と呼ぶことになります。

「軽くて丈夫な部品を提供してくれるサプライヤーを見つけることが大切だ」とか、「○○の特許を持つ、サプライヤーを紹介してほしい」などという使い方をすることができます。

「メーカー」とは?

「メーカー」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「メーカー」は、「作る人」という意味があります。

例えば、トラブルを起こす人のことを「トラブルメーカー」と呼びます。

また、ヒット曲を連発するようなプロデューサーのことを「ヒットメーカー」と呼ぶこともあります。

一方で、「メーカー」には「製造業者」という意味があります。

また「メーカー」には「名の通った製造業者」という意味もあります。

就活する生徒が、就職希望先を聞かれて「メーカーを考えています」と答えた場合、基本的に「名の通った製造業者」を指し、一般的に知られているような企業のことを意味します。

このように「メーカー」には、二つの意味がありますが、「サプライヤー」に対応するのは、後者の意味になります。

「メーカーへの就職が決まり、喜ぶ生徒」「メーカーの強みを生かした経営を行う」などと言う使い方をすることができます。

「サプライヤー」と「メーカー」の違い

「サプライヤー」「メーカー」の違いを、分かりやすく解説します。

「サプライヤー」は、「納入業者」「供給元」という意味があります。

一方で「メーカー」には「製造業者」「名の通った製造業者」という意味があります。

例えば先述した「飛行機を作る企業」「メーカー」ということになります。

そして、飛行機を作る「メーカー」に、部品を供給する企業が「サプライヤー」ということになります。

製造業において、一つの部品を作り、それを供給するのが「サプライヤー」で、部品を組み立てて、完成品を作るのが「メーカー」と区別することができるでしょう。

ただし、「メーカー」から完成した商品を仕入れて、何かしらのサービスを行う場合もあります。

例えば、エステ会社がエステ機器を供給してもらう場合、エステ機器を作る「メーカー」は、エステ会社から見れば「サプライヤー」ということになります。

このように、「サプライヤー」「メーカー」には違いがありますが、見る立場によっては、二つの意味を同時に持つこともあることがわかります。

まとめ

「サプライヤー」「メーカー」の違いについて見てきました。

2つの言葉の違いを知り、使い分けることができるようにしましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典