スポンサーリンク

「サラリーマン」と「公務員」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「サラリーマン」と「公務員」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「サラリーマン」「公務員」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「サラリーマン」とは?

「サラリーマン」の意味と概要について紹介します。

「サラリーマン」の意味

「サラリーマン」「社会に商品やサービスを提供して、その対価により利益を得る会社に勤める人のこと」です。

「サラリーマン」の概要

「サラリーマン」は、社会に商品やサービスを提供して、対価として得た利益により運営されている会社に勤める人のことを言います。

勤め先は民間企業と呼ばれ、利益を得る為に経営されている組織です。

「サラリー」は英語の“saraly”「給料」という意味、「サラリーマン」「給料取り」になりますが、和製英語です。

「サラリーマン」の給料は、会社が得た利益から出るもので、経営が著しく良くなれば昇給したり臨時ボーナスが出る一方で、経営が悪くなれば給料も減ったり、ボーナスも支給されないこともあります。

就業条件や福利厚生なども、企業により全て違ってきます。

「公務員」とは?

「公務員」の意味と概要について紹介します。

「公務員」の意味

「公務員」「こうむいん」と読みます。

意味は「利益を目的とせず、国民に奉仕する組織に勤める人のこと」です。

「公務員」の概要

「公務員」は、利益を求めず、国民に奉仕するサービスを行う、公的機関に勤める人のことを言います。

大きく分けて「国家公務員」「地方公務員」があり、組織や仕事内容に関しては非常に幅広くなっています。

例えば、役所の職員や警察官、消防士、教師などは公務員で、国民の生活に共通するもので、社会全体の質を高める仕事をしています。

「公務員」にも当然給料が支払われますが、財源は国民の税金になります。

雇用が安定していて、長く勤めれば確実に昇給していくので人気がある職業です。

「サラリーマン」と「公務員」の違い!

「サラリーマン」「営利目的の会社に勤めて給料を貰う人のこと」です。

「公務員」「非営利目的の組織に勤めて給料を貰う人のこと」です。

まとめ

今回は「サラリーマン」「公務員」の違いをお伝えしました。

「サラリーマンは民間企業に勤める人」「公務員はは公的機関に勤める人」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典