スポンサーリンク

「サレ妻」とは意味や概要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「サレ妻」とは新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「サレ妻」を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「サレ妻」の意味

「浮気、不倫をされた妻」を略したネット用語

「サレ妻」の解説

「サレ妻」とは、ネット用語で、浮気をされた妻、不倫をされた妻という意味で使います。

つまり「サレ妻」の夫は、浮気をした夫、不倫をした夫で「シタ夫」となるわけです。

夫婦生活の異性問題は日常生活において、友達などに気軽に相談できる内容ではありませんので、ネット上で相談したり愚痴を吐いたりということが多くなる傾向にあります。

状況説明をする際に「サレ妻」「シタ夫」としますとわかりやすいわけですが、実際の生活で「サレ妻」と人に対して使うことは配慮に欠けますのでやめておきましょう。

「サレ妻」の使われ方

「サレ妻」とはネット用語ですので、文章で使うことが多くなります。

いくつか文例を紹介しますので参考にしてみてください。

「妻って立場を捨てたくないから、絶対に離婚はしないってサレ妻も多い」

「サレ妻のまま人生終わりたくないので、必ずシタ夫に制裁加えて離婚するつもりです」

「旦那をATMにして夫婦生活も長年拒否してたサレ妻にはあまり同情できない」

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典